十世坂東三津五郎の代表作『喜撰』『棒しばり』をシネマ歌舞伎で上映 - 2015年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
シネマ歌舞伎『喜撰/棒しばり』 1 チラシ

拡大する

シネマ歌舞伎では、来年2月21日に一周忌を迎える十世坂東三津五郎の代表作『喜撰』『棒しばり』を第23弾作品として、16年2月13日(土)より全国公開する。

『棒しばり』は、初演で次郎冠者を演じた六世尾上菊五郎と、太郎冠者を演じた七世坂東三津五郎の、それぞれの孫、曾孫にあたる中村勘三郎と三津五郎の名コンビで人気を博した舞台。今回は、そのコンビの最後となった映像が上映される。

七世三津五郎が得意とした『喜撰』は、三津五郎家が代々大切にし、十世の襲名公演でも三津五郎が踊った演目。今回は、13年6月の「歌舞伎座新開場こけら落公演」の模様を送る。

この記事の写真

  • シネマ歌舞伎『喜撰/棒しばり』 1 チラシ
  • シネマ歌舞伎『棒しばり』 1
  • シネマ歌舞伎『棒しばり』 2
  • シネマ歌舞伎『喜撰』 1
  • シネマ歌舞伎『喜撰』 2
  • シネマ歌舞伎『喜撰』 3

インフォメーション

シネマ歌舞伎
『喜撰/棒しばり』

【キャスト】『棒しばり』(04年4月)中村勘三郎/坂東三津五郎/坂東彌十郎 『喜撰』(13年6月)坂東三津五郎/中村時蔵 ほか

2016年2月13日(土)より東劇、なんばパークスシネマほかにて全国公開

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7563