こまつ座『十一ぴきのネコ』『マンザナ、わが町』公開稽古 - 2015年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
こまつ座『十一ぴきのネコ』公開稽古 1

▲ 『十一ぴきのネコ』

拡大する

こまつ座『マンザナ、わが町』公開稽古 1

▲ 『マンザナ、わが町』

拡大する

このほかの写真も見る

10月より同時上演されるこまつ座『十一ぴきのネコ』(新宿南口・紀伊國屋サザンシアター)と『マンザナ、わが町』(新宿東口・紀伊國屋ホール)。2作品の公開稽古が、24日に都内の稽古場で行われた。

12年の初演に続き、長塚圭史による演出で再演される『十一ぴきのネコ』は、馬場のぼるの絵本をもとに、井上ひさしが作曲家・宇野誠一郎とのコンビで書き上げたミュージカル。キャストには、リーダー格のにゃん太郎を演じる北村有起哉をはじめ、中村まこと、市川しんぺー、菅原永二、金子岳憲、福田転球、大堀こういち、木村靖司、辰巳智秋、田鍋謙一郎、山内圭哉、勝部演之と、個性豊かな実力派たちが集結する。

『マンザナ、わが町』は、戦時中のアメリカのマンザナ収容所を舞台に、5人の女性たちが、国籍や民族を越えて、一人ひとりの人間として立とうとする姿を描いた人間ドラマ。18年ぶりの上演となる今回は、土居裕子、熊谷真実、伊勢佳世、笹本玲奈、吉沢梨絵の5人の実力派女優が顔をそろえる。

■長塚圭史(『十一ぴきのネコ』演出)
『十一ぴきのネコ』は3年半前に上演した作品で、その時も“子どもとその付添いのためのミュージカル”と副題がついていました。腹ペコのネコたちが大きな魚を探しに行くというシンプルなストーリーを純粋に楽しみながらも、井上ひさしさんの、社会を見る目の辛らつさが感じられる作品です。大人と子どもが一緒に観に来て、観終わった後に、劇中の音楽を口ずさんだりしつつも、子どもから「あれってどういうこと?」と質問を投げかけられた時に、大人はすぐには答えられないだろうと思います。それほど、この作品に込められているテーマは普遍的で、共同体をつくることの危険性が書かれています。40年前に書かれた作品とは思えないほど面白さと深みのある作品です。とはいえ、観に来て下さった方々に鋭利なテーマを突き付けてくる作品でありながら、楽しい歌やせりふ、井上さん流の言葉遊びにあふれた作品ですので、ぜひ大人と子どもと一緒に観に来ていただけたらと思います。

■鵜山仁(『マンザナ、わが町』演出)
『マンザナ、わが町』は、アメリカ市民でありながら、真珠湾攻撃以降の昭和17年に、収容所に入れられた日系人の女性たちを描いた作品です。彼女らは収容所に入れられたことはアメリカ合衆国憲法に違反している、ということを信条に現実を乗り越えようとしていきます。その彼女たちの理念も現実を乗り越える力になりましたが、アートにも現実を乗り越える力があるのだと描かれているのだと思います。何年かかっても、何世代にわたっても、現実を乗り越えていくことを可能にし、日本の見え方や人間の可能性を広げていく力があるのがアートだと思います。井上ひさしさんの作品は、舞台の可能性が感じられる作品ばかりで、今回の作品は特に5人の女性たちでストーリーが展開してくユニークな作品だと思います。70年代に書かれた作品ですが、これから先、何千年先までもつながっていくエネルギーがある作品ですので、ぜひそのエネルギーを観に劇場に足を運んでいただけたら幸いです。

同じ記事の写真

  • こまつ座『十一ぴきのネコ』公開稽古 1
  • こまつ座『十一ぴきのネコ』公開稽古 2
  • こまつ座『十一ぴきのネコ』公開稽古 3
  • こまつ座『十一ぴきのネコ』公開稽古 4 後列左から、金子岳憲、菅原永二、木村靖司、大堀こういち、福田転球、田鍋謙一郎、辰巳智秋、前列左から、荻野清子、中村まこと、長塚圭史、北村有起哉、山内圭哉、市川しんぺー、勝部演之
  • こまつ座『マンザナ、わが町』公開稽古 1
  • こまつ座『マンザナ、わが町』公開稽古 2
  • こまつ座『マンザナ、わが町』公開稽古 3
  • こまつ座『マンザナ、わが町』公開稽古 4 左から、笹本玲奈、吉沢梨絵、土居裕子、鵜山仁、熊谷真実、伊勢佳世

インフォメーション

こまつ座 第112回公演・紀伊國屋書店提携
『十一ぴきのネコ』

【スタッフ】作=井上ひさし 演出=長塚圭史 
【キャスト】北村有起哉/中村まこと/市川しんぺー/菅原永二/金子岳憲/福田転球/大堀こういち/木村靖司/辰巳智秋/田鍋謙一郎/山内圭哉/勝部演之
ピアノ演奏=荻野清子

2015年10月1日(木)〜10月17日(土)
・会場=紀伊國屋サザンシアター
・チケット発売中
・料金=全席指定 大人7,000円/子ども1,100円(3歳以上〜小学生)/学生割引4,000円


こまつ座 第113回公演・紀伊國屋書店提携
『マンザナ、わが町』

【スタッフ】作=井上ひさし 演出=鵜山仁
【キャスト】土居裕子/熊谷真実/伊勢佳世/笹本玲奈/吉沢梨絵

2015年10月3日(土)〜25日(日)
・会場=紀伊國屋ホール
・チケット発売中
・料金=全席指定7,000円/夜チケット6,500円/学生割引4,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7588