安蘭けい、石井一孝、中川晃教、田代万里生出演『CHESS THE MUSICAL』が開幕 - 2015年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『CHESS』開幕 1

拡大する

『CHESS』開幕 6

▲ 石井一孝(左)と安蘭けい

拡大する

『CHESS』開幕 7

▲ 安蘭けい(左)と中川晃教

拡大する

このほかの写真も見る

「ABBA」のベニー・アンダーソン&ビョルン・ウルヴァース作曲、ティム・ライス原案・作詞(『エビータ』『ジーザス・クライスト=スーパースター』)のミュージカル『CHESS THE MUSICAL』が、27日に東京芸術劇場 プレイハウスにて開幕した。

米ソの冷戦時代を背景に、アメリカのチェス世界チャンピオン、フレディと彼のセコンドのフローレンス、そして、ソビエト連邦のライバル、アナトリーらが織り成すスリリングなストーリーを描いた本作。日本では、12年と13年にコンサート版が上演され好評を博してきたが、いよいよミュージカル版の日本初演が幕を開けた。

初日を前にした、安蘭けい、石井一孝、中川晃教、田代万里生の主なコメントは以下の通り。

■安蘭けい フローレンス役
お客さまの反応から得るものが多いので、お稽古中から早く幕が開かないかなという気持ちでした。今回は、バンドが真横いるという、今までのミュージカルとは少し違う形で、バンドとの距離が近い分、音楽に支配されそうですが、バンドを感じながら心地良く歌えると思います。演じていて、ラストまでのフローレンスの気持ちの動きが、日によって本当に違うんです。愛にあふれていることもあるし、怒りにあふれていることもあったり、その日の体調なのかな?(笑)。本番でもいろいろな気持ちの動きがあるかもしれないけど、その日に生まれてくる感情を大切にしながら、自分に正直に演じて役をまっとうしたいなと思います。コンサートを観てくださった方や、チェスやABBAが好きな方からも、とても期待されている作品だと感じています。そういうプレッシャーを感じながらお稽古をしてきましたが、今は素晴らしいものができたと自負しておりますので、明日からの舞台は思い切り期待して観てくださったらうれしいなと思います。

■石井一孝 アナトリー役
コンサート版の初演から3年経ってやっとここまできたかという思いです。燃えています! この燃えているさまを早く皆さまにお届けしたいなと思っています。(バンドは)どえりゃー迫力ですよ!(笑) 島健さんバンドがものすごくうまい。うまくないと表現できないくらい、音符が細かくて変拍子と転調が嵐のようにやってくるんですが、それが一糸乱れぬ音でつむがれていくさまが醍醐味です。今回は、戦争下の話なんだと強く感じています。僕たちは戦争を体験してきた世代ではないですけど、こんな状況下だったら、こんな気持ちが生まれるんじゃないか、とかいったイメージを、お客さんもインスパイアされて感じ取ってくださるんじゃないかなと。一緒に時代にあらがっていく思いを受け取ってくださったらうれしいです。

■中川晃教 フレディ役
冷戦時代のアメリカとソ連をモチーフに80年代に生まれた本作を、2015年の今、上演できることの意味を感じています。音楽はすごく良いのですが、ただ、棒立ちで心を込めて歌うだけでも成立しちゃうんところがあるんです。今は、音楽に飲み込まれないようにあらがいつつも、オケの人たちと歩み寄って、ギリギリの際どいところを行き来できていて、そんな生のミュージカルの醍醐味を経験できています。ラブストーリーでもあるんですが、ただ単純に甘くドラマチックなものではないんです。複雑な状況や葛藤を乗り越えるエネルギーを原動力として、新しい未来を切り開こうと第一歩を歩み出すというとても感動的な美しさがあります。表面的なものだけでないそんな“美しさ”が、ミュージカル版として新たに見えてきました。周囲の思惑の一つの駒になったり、一人の女性を求める一人の男性になったり、チェスのゲームと人間模様がうまく重なっていくところがこのミュージカルの最大の見どころかなと思います。

■田代万里生 アービター役
『CHESS』みたいなミュージカルはほかにはないと思います。役どころや音楽は変わったものが多いのですが、それぞれが仕事をまっとうするスペシャリストが集まって、作品が成り立っていると感じています。お客さんにどんなふうに受け止めていただけるのか、すごく楽しみです。音楽は、ジャンルというくくりがまったくない作品で、エレキギターがきたかと思えば、ティンパニがきて、ドラムがきて、サックスがきて、いろいろな音が鳴って、スコア上では難解に見えますが、一回取り込んでしまうと、そこから離れられない。夢の中でも『CHESS』の音楽が流れてきて、チェスのゲームもやっているくらい、すっかり『CHESS』のとりこになってしまったので、公演でお客さんも『CHESS』のとりこにしたいと思います。

東京公演は、10月12日(月)まで。大阪公演は、10月19日(月)から25日(日)まで、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて行われる。

この記事の写真

  • 『CHESS』開幕 1
  • 『CHESS』開幕 2 安蘭けい
  • 『CHESS』開幕 3 石井一孝
  • 『CHESS』開幕 4 中川晃教
  • 『CHESS』開幕 5 田代万里生
  • 『CHESS』開幕 6
  • 『CHESS』開幕 7
  • 『CHESS』開幕 8
  • 『CHESS』開幕 9
  • 『CHESS』開幕 10
  • 『CHESS』開幕 11 左から田代万里生、石井一孝、安蘭けい、中川晃教

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7591