鈴木亮平主演×宮本亜門演出で三島由紀夫作『ライ王のテラス』を上演 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
鈴木亮平 アー写

▲ 鈴木亮平

拡大する

鈴木亮平が主演を務める舞台『ライ王のテラス』が、16年3月に赤坂ACTシアターにて上演される。

三島由紀夫が書いた最後の戯曲と呼ばれる本作は、カンボジア最強の王として現代にも語り継がれる、ジャヤ・ヴァルマン七世を題材としたもの。バイヨン寺院を建設し、栄華を極めた王が、夢と希望を託し“ライ王のテラス”を造営していく雄大なロマンを、アンコール王朝の衰亡を背景に描き出す。

演出を手掛けるのは、かねてから本作の上演を熱望していたという宮本亜門。カンボジアの伝統舞踊・音楽を継承する面々を迎え、共同制作する国際プロジェクトとなっている。

共演には、第二王妃役の倉科カナや第一王妃役の中村中のほか、吉沢亮、大野いと、神保悟志、鳳蘭らが共演に名を連ねる。

インフォメーション

『ライ王のテラス』

【スタッフ】作=三島由紀夫 演出=宮本亜門
【キャスト】鈴木亮平/倉科カナ/中村中/吉沢亮/大野いと/芋洗坂係長/澤田育子/市川勇/市川しんぺー/神保悟志/鳳蘭

2016年3月4日(金)〜17日(木)
・会場=赤坂ACTシアター
・料金=全席指定S席9,800円/A席7,800円/U-25席5,500円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7607