A.B.C-Z橋本良亮&河合郁人主演で村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」が舞台化 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
村上龍

▲ 村上龍

拡大する

村上龍の小説「コインロッカー・ベイビーズ」が、A.B.C-Zの橋本良亮&河合郁人の主演により舞台化。16年6月に赤坂ACTシアターにて上演される。

1980年に発表された本作は、当時起こった「コインロッカー幼児置き去り事件」を題材にしたもの。コインロッカーに置き去りにされた二人の少年キクとハシを軸に、若者の葛藤や叫びを描き出した、激しくも切ない物語がつづられる。

村上龍の代表作の一つとして広く知られるも、これまで映像化されていない本作が、このたび、“音楽舞台”として初めて舞台化される。

橋本と河合は、ぞれぞれ主人公ハシとキクを担当。本公演のプロデューサーは「橋本さんと河合さんは、お芝居と歌の表現力が長けていて、作品のメッセージにある、若者の持つエネルギー、純粋さ、可能性を秘めていると感じました。さらに、透明感あふれ、この役を演じる役者さんとして最もふさわしいと実感しました」と語っている。

■橋本良亮 ハシ役
村上龍さん原作の「コインロッカー・ベイビーズ」が、2016年6月に幕が上がります。僕はハシ役でやらさせていただきます。僕の名前が橋本なのでうれしいです。このロングセラー小説を自分なりに自信をもって皆さんを満足出来るように橋本良亮、頑張りたいと思います。

■河合郁人 キク役
大ベストセラー小説の「コインロッカー・ベイビーズ」に出演できることに今からワクワクしてます! 僕の演じるキクはものすごく強いキャラクターで想像もしたことのなかった人物像です。でも、魅力的なので、今から楽しみです! 今までの河合郁人からは想像できないくらい、入り込んで役づくりしたいと思っていますので、お楽しみに!

インフォメーション

『コインロッカー・ベイビーズ』

【スタッフ】原作=村上龍 脚本・演出=木村信司
【キャスト】橋本良亮(A.B.C-Z)/河合郁人(A.B.C-Z) ほか

2016年6月4日(土)〜19日(日)
・会場=赤坂ACTシアター

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7610