舞台『弱虫ペダル IRREGULAR〜2つの頂上〜』が名古屋から開幕 大千秋楽にはライブビューイングが決定 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 1 廣瀬智紀(左)と北村諒

▲ 廣瀬智紀(左)と北村諒

拡大する

このほかの写真も見る

渡辺航の同名漫画を舞台化した『弱虫ペダル』シリーズの最新作「IRREGULAR〜2つの頂上〜」が開幕。愛知公演が、8日から12日まで日本特殊陶業市民会館 フォレストホールにて行われた。

シリーズ7作目となる本作は、インターハイで主役校・総北高校が総合優勝を果たした後、総北の巻島裕介と、ライバル校・箱根学園の東堂尽八という両校のエースクライマーを中心とした物語が描かれる。原作の主人公・小野田坂道や新キャスト・新キャラクターたちとともに、先輩から後輩へと受け継がれる思いを描く。

東京公演は、10月22日(木)から25日(日)まで、TOKYO DOME CITY HALLにて。その後、大阪・梅田芸術劇場 メインホール、福岡・キャナルシティ劇場での公演が行われる。

なお、11月8日(日)福岡での大千秋楽公演では、映画館でのライブビューイングが決定。日本全国80館に加え、台湾、香港、韓国の9館でも実施される、シリーズ史上最大規模となっている。上映館などの詳細は公式サイトを参照。

■廣瀬智紀 巻島裕介役
今日の初日を迎えるために、きたむー(北村)と二人で本気で(作品に)向かい合ってきたので、本番を終えて感慨深いし、ほっとしました。これから観に来て下さるお客さまのために、その日その日の全力を出して、舞台『弱虫ペダル』の魅力を徹底的にお届けしたいと思います。そのために明日からもしっかりペダルを漕いでいきます!

■北村諒 東堂尽八役
一言でいうと“めちゃくちゃ楽しかった”です。良い意味でも、舞台『弱虫ペダル』の初日らしさがあったと感じていますので、千秋楽まで、もっとステージを上げていけると信じています。舞台上からもお客さまが楽しんでくださっているのが伝わってきて、とても幸せな気持ちです。僕たちと一緒に山頂の向こう側の景色を見ましょう!

この記事の写真

  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 1
  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 2
  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 3
  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 4
  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 5
  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 6
  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 7
  • 『弱虫ペダル IRREGULAR』愛知 8

インフォメーション

舞台『弱虫ペダル IRREGULAR〜2つの頂上〜』

【スタッフ】原作=渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載) 演出・脚本=西田シャトナー 音楽=manzo
【キャスト】廣瀬智紀/北村諒/小越勇輝/太田基裕/鳥越裕貴/章平/郷本直也/滝川英治/秋元龍太朗/植田圭輔/桝井賢斗/大野瑞生 ほか

■東京公演
2015年10月22日(木)〜25日(日)
・会場=TOKYO DOME CITY HALL

■大阪公演
2015年10月29日(木)〜11月3日(火・祝)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール

■福岡公演
2015年11月7日(土)・8日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

過去の関連記事

 

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7628