映画「超高速!参勤交代 リターンズ」主演・佐々木蔵之介が京都国際観光大使に - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
京都国際観光大使 佐々木蔵之介

▲ 佐々木蔵之介

拡大する

このほかの写真も見る

昨年公開され好評を博した、佐々木蔵之介主演の時代劇映画の続編が登場。映画「超高速!参勤交代 リターンズ」が、16年に公開される。

前作では、金も時間も人手もない中、内藤政醇ら湯長谷藩の面々が、奇想天外な知恵を使って江戸までの“参勤”を成功させるまでが描かれた。しかし、藩に帰る“交代”までが“参勤交代”。お金も体力も使い果たしながらも、最後の力を振り絞り藩へ戻ろうとする政醇たちに、再び数々の無理難題が降りかかる……。

現在、京都で撮影が行われている本作。主演の佐々木がこのたび、京都国際観光大使に任命されることとなり、松竹京都撮影所にて任命式が行われた。

佐々木は「このたびは国際観光大使に任命いただき、本当に光栄に思っております。私は京都に生まれ京都に育ちました。鴨川で遊び、御所にセミ取りに行ったり野球しに行ったり。夏は祇園祭に行って宵山の夜店で遊び、そして大文字の五山の送り火を見て『やばい、夏休み終わる!』みたいな(笑)。『宿題どうするねん!』みたいな感じで育ってきました。京都の町、文化、食、そして、人に育てていただきました。町中で時代劇が撮影できる、すぐにロケができる。こんな所は世界でもそうそうないんじゃないかと思っており、あらため京都の魅力を今、実感しています」と、あいさつ。

続けて、「前作を京都で撮影している時、俳優陣から電話がかかってきて『京都ではどの店に行ったらよいのか』ということをよく聞かれたんですね(笑)。僕も京都で育ったんですが、仕事で東京に出るまでは、どのお店がおいしいかということは、よく分かっていなかったのですが、前回、撮影時京都に2カ月滞在した時は、毎日違うお店に行っておりまして(笑)。それが結構大変だったんですが、また今回も新規開拓しています(笑)」とエピソードを明かした。

また、現在撮影中の「〜リターンズ」については、「今回は金どころか、城までなくなる。それに前回の倍は走る。撮影は前より過酷。衣裳の鉢巻きやたすきはドロドロです」とのこと。前作同様のメンバーがそろう共演者に話が及ぶと「前回は深田(恭子)さんと伊原(剛志)さんが、実家(佐々木酒造)の蔵に見学に来ていただきまして。今作では“観光大使”として! あらためて京都をPRしていこうと思っております」と、締めくくった。

この記事の写真

  • 京都国際観光大使 佐々木蔵之介
  • 京都国際観光大使 佐々木蔵之介 2

インフォメーション

「超高速!参勤交代 リターンズ」

【スタッフ】原作=土橋章宏「超高速!参勤交代 老中の逆襲」講談社 脚本=土橋章宏 監督=本木克英
【キャスト】佐々木蔵之介/深田恭子/伊原剛志/寺脇康文/上地雄輔/知念侑李(Hey! Say! JUMP)/柄本時生/六角精児/市川猿之助/石橋蓮司/陣内孝則/西村雅彦

2016年公開

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7631