瀬戸康史&宮崎秋人&小芝風花出演 Dステ『夕陽伝』公開稽古 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『夕陽伝』公開稽古 1 瀬戸康史(左)と宮崎秋人

▲ 瀬戸康史(左)と宮崎秋人

拡大する

『夕陽伝』公開稽古 13 後列左から、三好大貴、中山義紘、遠藤雄弥、宮崎秋人、前山剛久、高橋龍輝、前列左から、荒井敦史、山本亨、瀬戸康史、小芝風花、鈴木裕樹、池岡亮介

▲ 後列左から、三好大貴、中山義紘、遠藤雄弥、宮崎秋人、前山剛久、高橋龍輝、前列左から、荒井敦史、山本亨、瀬戸康史、小芝風花、鈴木裕樹、池岡亮介

拡大する

このほかの写真も見る

瀬戸康史が主演を務めるDステ第17弾公演『夕陽伝』。本作の22日(木)の開幕に先駆けて、一部シーンの公開稽古と囲み会見が都内の稽古場にて行われた。

脚本・演出に末満健一&岡村俊一のタッグを迎える本作は、古事記を題材としたもの。大王の子どもとして生まれた兄弟・海里(かいり)と都月(つづき)や、彼らの幼なじみの陽向(ひなた)を軸に、運命に翻弄される若者たちの姿を描き出す。

スピーディーでエネルギッシュな立ち回りや、熱のこもった芝居を披露したキャストたち。3年半ぶりのDステ登場で、主人公・海里役を務める瀬戸は、稽古場の様子を「殺陣はかなりの見どころ。生傷は絶えないですが、みんなのチームワークで乗り越えて頑張っています」と語った。そして、作品については「神話を題材にしていますが、人間同士の関係を描いた作品。苦しさやつらさを乗り越えてでも頑張ろうとするがむしゃらさ、泥臭さがあふれている作品になっていると思います。それをぜひ劇場で体感しに来てほしいと思います」とメッセージを送った。

瀬戸演じる海里の弟・都月を演じるのは、先日、D-BOYSへの加入を発表した宮崎秋人。「D-BOYSになったからには、カンフル剤にならなきゃ、という意気込みで取り組んでいます。プレッシャーはありますけど、板の上立ったら先輩後輩は関係ないつもりでやっています。超えるべき高い壁(瀬戸)が、目の前に立ちはだかっているのであとはやるだけ」と、気合は十分のようだ。一方、先輩の瀬戸は「逆にこっちが、ハードル上げられている気が(笑)」と苦笑していた。

瀬戸については「実生活では女兄弟しかいないので、お兄ちゃんができたよう。包容力があって人を引っ張るのが上手」と話すも、「いつか自分も瀬戸君みたいな役者になりたいなと思いま〜す」と気持ちのこもっていない様子で続けた宮崎に、瀬戸は「めっちゃ棒読み(笑)」とツッコミ。兄弟のコンビネーションが仕上がっているようだ。

今回が初舞台となる小芝風花は、陽向としてヒロインを担う。小芝は「大先輩ばかりで、最初は戸惑いましたけど、いざ入ってみると皆さん優しくて面白いんです。しょうもないことして笑っていたり(笑)、すごく雰囲気が良くて毎日お稽古が楽しいです」と笑顔で話した。続けて「陽向がきっかけに物語が動くので、私の思いが海里に届くようにと意識しながら、頑張りたい」と意気込んだ。

また、陽向の父親・猿美弥(えみや)を演じる遠藤雄弥は、夏に第1子女児が生まれたばかり。父親となった「小芝さんが、日に日に瀬戸や秋人と、仲良くなるのを目の当たりにして胸がザワつく感じが(笑)。でも、瀬戸康史ならいいかな(笑)」と、瀬戸への信頼を見せた。

そして、海里と都月の父親・凪大王(なぎのおおきみ)として、若手たちの脇を固めるのは山本亨。D-BOYSの若手たちに対して「こんなにすてきで、よほど母親がしっかりしていたのかな(笑)。D-BOYSの舞台を観たことがなかったのですが、最初の稽古から本当に熱くて、パッションのある人たちばかり。皆さん、舞台が本当に好きなんだなと感じられて頼もしい。こっちの方が乗せられて興奮してます」と絶賛した。この言葉に瀬戸は、うれしそうな表情を見せ、報道陣からは「師弟関係が生まれていそう」という言葉が飛び出すと、山本は「いえ、こっちが付いていく方です(笑)」と笑わせた。

演出を手掛ける岡村は「瀬戸君とは初めての仕事で、テレビとかでは神経質で細かい男なんじゃないかと思っていたんですけど、相当柔らかくて色っぽい印象。今回は、とっても色っぽい仕上がりになっています」とアピール。連日の人気俳優たちの結婚報道にからめて「いずれ、結婚したい男のベスト10に放り込みます(笑)」と自信のコメントで笑いを取った。

そんなメンバーたちの絶賛の言葉に、瀬戸は「びっくりしてます。怖いくらいですね。これから裏で何言われるのか(笑)。でも、それくらいみんな仲良くお芝居をつくれるのがうれしいですし、何より稽古が楽しいです」と充実した様子だ。また、芸能活動を10年目を迎えて「あっという間というのが率直な感想。映像の仕事もやらせてもらってますが、舞台も大事にしています。役者やスタッフの方と、一緒にいる時間がこんなにも長いのは、舞台ならではだと思いますし、なにより生でお客さんに届けられる。僕らの舞台上での空気感と、客席の空気感が合わさって成立するのが舞台の魅力。舞台に出たら楽し過ぎてやめられない。今後も映像と舞台を両立できたら幸せですね」と語った。

この記事の写真

  • 『夕陽伝』公開稽古 1 瀬戸康史(左)と宮崎秋人
  • 『夕陽伝』公開稽古 2 瀬戸康史
  • 『夕陽伝』公開稽古 3 宮崎秋人
  • 『夕陽伝』公開稽古 4 小芝風花
  • 『夕陽伝』公開稽古 5 遠藤雄弥
  • 『夕陽伝』公開稽古 6 山本亨
  • 『夕陽伝』公開稽古 7
  • 『夕陽伝』公開稽古 8 鈴木裕樹
  • 『夕陽伝』公開稽古 9
  • 『夕陽伝』公開稽古 10
  • 『夕陽伝』公開稽古 11
  • 『夕陽伝』公開稽古 12
  • 『夕陽伝』公開稽古 13 後列左から、三好大貴、中山義紘、遠藤雄弥、宮崎秋人、前山剛久、高橋龍輝、前列左から、荒井敦史、山本亨、瀬戸康史、小芝風花、鈴木裕樹、池岡亮介

インフォメーション

Dステ17th『夕陽伝』

【スタッフ】脚本=末満健一 演出=岡村俊一
【キャスト】瀬戸康史/宮崎秋人/小芝風花/鈴木裕樹/荒井敦史/池岡亮介/前山剛久/高橋龍輝/中山義紘/三好大貴/遠藤雄弥/山本亨

■東京公演
2015年10月22日(木)〜11月1日(日)
・会場=サンシャイン劇場

■大阪公演
2015年11月21日(土)〜22日(日)
・会場=森ノ宮ピロティホール

各公演とも
・チケット発売中
・料金=全席指定7,800円

*記事中の宮崎秋人の「崎」は正しくは「立つ崎」

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7637