30作目の新作は“おっさんの自分探し” THE CONVOY SHOW『1960』公開稽古 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
THE CONVOY SHOW『1960』公開稽古

▲ THE CONVOY SHOW

拡大する

このほかの写真も見る

11月4日(水)より天王洲 銀河劇場で、30作目となる『1960』を上演するTHE CONVOY SHOW(ザ・コンボイショウ)。彼らが本番を前に、都内のスタジオで稽古の様子を公開した。

主宰・演出の今村ねずみは「年をとっても夢は持っているべき。この年になって、“自分探し”というのもやっかいだけど、偉そうな人より、身近な人が道しるべに。この作品の登場人物も、僕が普段接っしている人たち」と、ラジオDJやタクシードライバー、コンシェルジュなど、メンバーたちの役どころに触れた。

平均年齢50歳を超えるメンバーたちは「おっさんの雄姿を見てほしい」(黒須洋壬)、「僕らのステージを生で見たことのない若い人にも観てほしい」(舘形比呂一)、「熟成肉のように旨味が凝縮されています」(瀬下尚人)、「マジメにぶつかっている姿を次の世代に伝えたい。男性には男の仕事としてカッコよさ、女性には、大人の男のかわいらしさを見てほしい」(石坂勇)、「これだけのキャリアがあっても、根源は表現が好きということ。楽しんでいる僕らを見て、それを感じてほしい」(トクナガクニハル)と、それぞれに見どころを語ると、今村が最後に「全部でしょ! 全部が見逃せない。年末なのでお歳暮のようなものです」と意気込んだ。

同じ記事の写真

  • THE CONVOY SHOW『1960』公開稽古
  • THE CONVOY SHOW『1960』公開稽古 2
  • THE CONVOY SHOW『1960』公開稽古 3

インフォメーション

THE CONVOY SHOW Vol.30
『1960』

【スタッフ】作・構成・演出=今村ねずみ
【キャスト】瀬下尚人/石坂勇/舘形比呂一/黒須洋壬/トクナガクニハル/今村ねずみ

2015年11月4日(水)〜15日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場
・チケット発売中
・料金=全席指定9,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7652