松下優也&白洲迅らF4メンバーが登壇 『花より男子会見 The Musical』製作発表会 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『花より男子』会見 1 左から上山竜治、白洲迅、加藤梨里香、松下優也、真剣佑

▲ 左から上山竜治、白洲迅、加藤梨里香、松下優也、真剣佑

拡大する

『花より男子』会見 2 松下優也

▲ 松下優也

拡大する

『花より男子』会見 3 白洲迅

▲白洲迅

拡大する

『花より男子』会見 6 加藤梨里香

▲ 加藤梨里香

拡大する

このほかの写真も見る

神尾葉子の大ヒット少女漫画を、青木豪脚本×鈴木裕美演出×本間昭光音楽によりミュージカル化する『花より男子 The Musical』。本作の製作発表会が、都内で行われた。

超絶金持ち名門高校「英徳学園高校」を舞台に、極貧少女・牧野つくしが、学園を牛耳る御曹司集団「F4」(=Flower4“花の四人組”)と、持ち前の“雑草魂”でぶつかり合いながらも心を通わせていく姿を描いた本作。短絡的で暴力的、超ワガママなF4のリーダー・道明寺司を松下優也(X4)が、物静かで気まぐれな花沢類役を白洲迅が演じる。また、西門総二郎役には、千葉真一の息子で本作が初舞台・初ミュージカル挑戦となる真剣佑(まっけんゆう)に、美作あきら役には上山竜治に決まった。

そして、つくし役を演じるのは、劇団「ハーベスト」に所属する17歳の現役高校生・加藤梨里香。今回、3000名以上の応募の中から抜てきされた加藤は、朗らかなキャラクターがイメージにぴったりだと満場一致で決定に至ったという。

会見での主なコメントは、以下の通り。

■鈴木裕美(演出)
海外でも非常に人気のある作品ということで緊張しています。脚本の青木(豪)さんと音楽の本間(昭光)さんと長い長いディスカッションを重ねながら、今、形をつくっているところです。基本的には作家の自我を全面に打ち出すのではなく、奇をてらわない、王道系のミュージカルにしていきたいと思っています。初めてご一緒させていただく若い俳優さんが多いですが、個々の魅力をお伝えして、彼らが生き生きできる、稽古場にできれば。先日『RED』を観に行きまして、小栗旬さんとお話した時に「松本(潤)と二人で初日に行くからね」と言われまして。冗談だとは思うんですが、キツいなと(笑)。原作の良さを丁寧に稽古場でつくっていけたらと思います。

■青木豪(脚本)
基本的には裕美さんのおっしゃった通り、王道系を目指して、原作にある道明寺と花沢の間で揺れ動く、女子のキュンとした思いを大切にしたいと思います。また、僕が原作で共鳴したのは、娘を大事に思うつくしのお父さんとお母さん。二人の思いも(脚本に)大切に入れたつもりです。本間さんともたくさんのディスカッションを重ねながら、現在、台本と歌詞とブラッシュアップしています。一番大事にしているのは「恋をするということはとてもかわいく、キュンとすることだ」というところです。どうぞご期待くださいませ。

■本間昭光(音楽)
自分は、ずっとJ-POPの世界で活動していますが、そもそも母の影響もありましてミュージカルが大好きで、それが、自分の基本、音楽人生のスタートのきっかけになりました。J-POPのフィールドでやっているので、一聴して歌詞が耳に残る、イメージが残るということに命懸けで作品をつくってきました。今回は、ミュージカル全体のイメージを壊すことなく、個々の作品は一聴した時に、皆さんの心に残って寄り添うように、観終わった後に口ずさんで帰れるよなものをと心掛けています。そして、物語を壊すことなく、自然に身体に入っていくようものをつくり上げられたらと思っています。

■松下優也(X4) 道明寺司役
誰もが知っている人気作でありながら、初の試みのミュージカル化ということで、新しいことをするのは楽しみです。素晴らしいクリエーターに囲まれて自分も一生懸命つくっていきたいと思います。「花より男子」は知っていたし、それも道明寺司という役が来るとは思っていなかったので、すごく驚きました。周りは、ほぼ100%の確率で原作を知っていて、特に女性からの反応が良かったです。自分の母親からは「アンタ、“俺様”やからピッタリやん!」と言われたので頑張ろうと思いました。

■白洲迅 花沢類役
花沢類は、F4の中でつくしが一番最初に心を開くキャラクターで、控え目で人見知りとか、インドア派とかいうところにかんしては共感するところがあります。出演が決まった時は、やっぱりファンの皆さんからの反響がすごくて、あとは普段連絡ない地元の友人からも連絡が来たり。誰もが知っている人気のある作品なんだなとあらためて痛感しました。このミュージカルは、大きな挑戦と受け止めているので、頑張るだけという心境です。

■真剣佑 西門総二郎役
僕自身、舞台が初めてで、しかもミュージカルというこで、ダンスも歌も芝居もすべてやらなければならないというプレッシャーはありますが、皆さんに自信を持ってお届けできるような、西門総二郎を演じようと思います。自分は、共演者の皆さんとお話をして打ち解けていくタイプなので、西門総二郎の社交的な部分と似てるなと思います。演じる時に、自分の軸を持っていれば、いろいろな役に飛べるという考えを持っているので、それを考えながら演じていきます。

■上山竜治 美作あきら役
美作あきらは、原作では“太陽の光に隠れる三日月”とあって、今回は、後ろからみんなを支える、バランサーのような役にどころに挑戦したいと思います。F4のイケメンを演じるのプレッシャーからか、今朝も無意識にパックをしてきました、肌ツヤを良くして頑張っていきたいと思います(笑)。出演が決まったのは『レ・ミゼラブル』の公演中で、女性キャストの反応が大きくて「大丈夫?」「できる?」ってすごい言われました(笑)。

■加藤梨里香 牧野つくし役
牧野つくしちゃんは、セレブ学校に入学した一般庶民で、いろいろなトラブルに巻き込まれながらも“雑草パワー”で跳ね返していく女の子なので、そのエネルギーを伝えられたらと思います。すてきな方たちとご一緒できるので、たくさんのことを吸収して成長していけたら。出演が決まった時は、自分はもちろんなんですけど、家族がうれしい顔をしてくれたのがすごくうれしくて、その分やっぱり頑張らないとという気持ちが湧いてきました。ご近所さんや学校の人たちもみんな「おめでとう」って言ってくれたんですけど、数人からは「おめでとう!雑草っぽいよ!」って言われて、喜んでいいのか、よく分からなかったこともありました(笑)。

■木村了 織部順平役
織部順平は、原作に登場するキャラクターですが、今回は舞台版オリジナル・キャラクターになるということです。この作品が世界で上演されるような作品になれば、という意気込みで頑張っていきたいと思います。

■古畑奈和(SKE48) 藤堂静役
藤堂静さんはモデルとして活躍していて、F4のマドンナ的存在で、牧野つくしちゃんのあこがれの存在なんですが、私は普段、地味な方なので、今回、この役を演じることで私も明るく華やかになっていきたいと思います。SKE48の外に出ての活動が初めてなので、自分の魅力を出せるように頑張ります。

■玉置成実 浅井百合子役
浅井百合子は高飛車で、つくしちゃんをいじめるという役でなんとも心苦しいんですけど(笑)、憎めないいじめっ子を頑張って見せていきたいと思います。今回、皆さんとご一緒できて、すごくうれしく思っています。ミュージカルになってどんな作品になるのか? ぜひ皆さん劇場に足を運んでいただきたいなと思います。

■生田智子 牧野千恵子役
今回は私が一番年上で、今日、(キャストに)お会いしただけでも、若いキラキラしたパワーを感じています。このキラキラパワーを、稽古場でこっそり吸い取って、私の中にあるオバちゃんパワー、お母ちゃんパワーを炸裂させて頑張りたいと思います。一生懸命つくしを愛して、愛情を注いで、将来的には、つくしが御曹司の嫁になれるようにパパと育てていきたいと思います(笑)。

■吉野圭吾 牧野晴男役
ママとはラブラブ、ちょっぴりうっかりさんなお父さんの役をやらせていただきます。つくしが幸せになれるようにお母さんとともども全力でサポートをしていきたいと思っていますよ。よろしくお願いします。

同じ記事の写真

  • 『花より男子』会見 1 左から上山竜治、白洲迅、加藤梨里香、松下優也、真剣佑
  • 『花より男子』会見 12 鈴木裕美
  • 『花より男子』会見 2 松下優也
  • 『花より男子』会見 3 白洲迅
  • 『花より男子』会見 4 真剣佑
  • 『花より男子』会見 5 上山竜治
  • 『花より男子』会見 6 加藤梨里香
  • 『花より男子』会見 7 木村了
  • 『花より男子』会見 8 古畑奈和
  • 『花より男子』会見 9 玉置成実
  • 『花より男子』会見 10 生田智子
  • 『花より男子』会見 11 吉野圭吾\
  • 『花より男子』会見 13 青木豪
  • 『花より男子』会見 14 本間昭光
  • 『花より男子』会見 15 後列左から吉野圭吾、玉置成実、古畑奈和、木村了、生田智子、鈴木裕美、前列左から、上山竜治、白洲迅、加藤梨里香、松下優也、真剣佑
  • 『花より男子 The Musical』左から、美作あきら役:上山竜治、西門総二郎役:真剣佑、牧野つくし役:加藤梨里香、花沢類役:白洲迅、道明寺司役:松下優也

 

インフォメーション

■福岡公演
2016年1月28日(木)
・会場=福岡サンパレス ホテル&ホール
・料金=全席指定S席9,800円/A席7,800円

■愛知公演
2016年2月6日(土)・7日(日)
・会場=愛知県芸術劇場 大ホール
・料金=全席指定S席10,800円/A席8,800円

■大阪公演
2016年2月11日(木・祝)〜14日(日)
・会場=サンケイホールブリーゼ
・料金=全席指定S席10,800円/A席8,800円

2月に大阪、愛知ほかにてツアー公演を予定

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7658