北野天満宮で市川海老蔵が奉納舞を披露 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
北野天満宮 奉納舞 1

拡大する

このほかの写真も見る

京都・北野天満宮では、25日に、市川海老蔵による奉納舞の披露が行われた。

2027年の「千百二十五年 半萬灯祭」に向けて境内の整備事業を進めている北野天満宮。今回の奉納舞は、菅原道真ゆかりの建物である紅梅殿の移築修繕の完成を記念したものだ。

北野天満宮には、歌舞伎を創始したことで知られる出雲阿国が慶長8(1603)年3月25日に公演を行ったという記録が残っており、これを縁として、海老蔵が、成田屋のお家芸である『勧進帳』より弁慶の舞として知られる「延年之舞」を舞って、紅梅殿の完成を祝った。

紅梅殿の特設舞台前には約600名の招待客と、前日深夜から楼門前に並んだ一般客が集まった。さらに、境内にはモニターを設置して多くの拝観者が舞を見物。当日は「天神さん」と呼ばれる北野天満宮の縁日であり、秋の恒例行事「御土居のもみじ苑」の公開開始日でもあったことから多くの人でにぎわった。

この記事の写真

  • 北野天満宮 奉納舞 1
  • 北野天満宮 奉納舞 2
  • 北野天満宮 奉納舞 3
  • 北野天満宮 奉納舞 4
  • 北野天満宮 奉納舞 5
  • 北野天満宮 奉納舞 6
  • 北野天満宮 奉納舞 7
  • 北野天満宮 奉納舞 8

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7661