ジャニー喜多川作・構成・演出 佐藤勝利×中島健人×A.B.C-Z出演『ジャニーズ・ワールド』製作発表会 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ジャニーズ・ワールド』ロゴ

拡大する

2011年の「最も多くのショーをつくり上げた人物」など、これまで三つのギネス世界記録に認定されているジャニー喜多川。その記念作品として同氏が作・構成・演出を手掛ける『ジャニーズ・ワールド』の製作発表が、26日都内で行われた。

2012年の初演から進化と深化を重ね、今回が4演目となる本作。歌、ダンス、マジック、フライング、アクロバット、綱渡り、空中ブランコ、本水、殺陣……。エンターテインメント・ショーのすべてが盛り込まれたその先に描かれているのは「日本の素晴らしさ」「平和の尊さ」だ。

ジャニーズ舞台の集大成と言える本作のメインキャストを務めるのは、昨年に引き続きSexy Zoneの佐藤勝利、中島健人、A.B.C-Z(橋本良亮・戸塚祥太・河合郁人・五関晃一・塚田僚一)。ジャニーズJr.内ユニットからはMr.KING、SixTONES、Snow Man、この日結成・お披露目された新ユニットHiHi JETといった、フレッシュな面々だ。そしてジャニー喜多川の分身ともいえるプロデューサー役は、『ペール・ギュント』や『Endless SHOCK』での活躍が記憶に新しい内博貴が演じることもこの日発表された。

会見の冒頭では、登壇したメインキャスト総勢24名が約3分間のショーを披露。ダンスやアクロバットに加え、マジックやローラースケート、2本の縄を使って技を交えながら跳ぶダブルダッチ、フリースタイルバスケットなど、本番さながらの本格的なパフォーマンスに拍手がわき起こり、豪華でにぎやかな幕開けとなった。

以下、パフォーマンス後の取材会見に登壇した14名のコメント。

■佐藤勝利(Sexy Zone)
『ジャニーズ・ワールド』は、平和の素晴らしさを伝えている作品です。全キャストが主役だと思って臨んでいて、“全世界の一人ひとりが主役”という意味が込められています。今回、個人的に挑戦してみたいことは、A.B.C-Zの皆さんがいるので、アクロバットに挑戦していきたいなっ……て、言ってみただけです(笑)。前回も(アクロバットに近い)組み技みたいなものはやったので、いろいろなことに挑戦してみたいです。“ジャニーズ”とタイトルに入っている舞台はあまりないと思うので、ジャニーズの集大成を、ジャニーズの本当のすごさを、この舞台で見せなければいけないと思っています。日本の平和の素晴らしさを世界に発信していきたいと思っていますので、ぜひ帝劇にお越しください!

■中島健人(Sexy Zone)
『ジャニーズ・ワールド』4演目となりますが、非常に楽しい舞台です。毎日がスペシャルと言いますか、日々進化するこの舞台、その先に何があるのか……というのを、皆で一緒に見つけていきたいと思っております。ちなみに、僕は、結果的にこの舞台には“LOVE”があると思っています。今回は、いつも以上にお客さんを巻き込むようなお芝居ができたらいいなと思っています。自分の感情をお客さんに投げ掛けるのが大好きなので、今回はそういった部分に挑戦していきたいです。自分が一年通して経験してきたことを披露する場が『ジャニーズ・ワールド』で、そこに多くの豪華キャストが結集するなんて、計り知れない力があるんじゃないかと思います。あと、クリスマスにも公演があるので、ファンの子にとっても、クリスマスに僕らに会えるっていうのが、すごくロマンチックでいいなって思っています。(ファンに向けて)帝劇で待ってるから、よろしく!

■平野紫耀(Mr.KING)
今回は2カ月間あるということで、テーマは“吸収力”でいきたいと思います。先輩方がたくさん出ていますので、2カ月間、日々成長しながら頑張りたいと思います! (会見冒頭のパフォーマンスで)バトンをやらせてもらったんですけど、本番ではもっとハードで、豪華なものをやりたいですね。もっともっと見栄えよく! Mr.KINGとしては、ユニット感をより強めて、先輩方にも負けないように、アイドルとしてキラキラと輝いていきたいなと思います。

■永瀬廉(Mr.KING)
去年もやらせていただいたんですけど、またフライングに挑戦したいですね。あれが一番自分がかっこよく見えてるかなと思うんですよ、正直言うと(笑)。なので、今度も皆さんを魅了できるような、そんなフライングができたらなと思います。僕ら3人(平野・永瀬・高橋)は、去年の『DREAM BOYS』から一緒に活動していて、3人でやる仕事が多かったので、絆が結構深まっています。さっきやったバトンでも、この絆を生かして、いいものができたらなって思います。今練習の時点で、コンビネーションというのがあって、それはまだ5種類ぐらいしかできてなくて。本番になったら何10種類もやると思うので、そちらを楽しみにしていただきたいです!

■高橋海人(Mr.KING)
『ジャニーズ・ワールド』に出させてもらうのは今回で3回目です。例年のことですが、1年間の集大成として、頑張ってきたすべてをこの舞台にぶつけようと思っているので、気合い十分です! 今回は、先輩から演技力を吸収して、自分のものにしたいと思っています。とにかく、Mr.KING3人での輝きを皆さんにお伝えできれば僕は満足です!

■ジェシー(SixTONES)
グループとして帝国劇場に立つのは初めてなので、先輩に負けないよう、僕たちジャニーズJr.も先輩の背中を見て頑張っていきたいです。先ほどお見せしたダブルダッチをSixTONESが、バスケをSnow Manが(本番でも)やります。そこでいろいろ面白い技ができたらいいなと思っております。コラボレーション的なこともしたいです。とにかく今は何でもできないといけない時代にもなっておりますので、できることは何でも挑戦して、こういう動きもできるんだと思われたいです! 歌もどんどん歌いたいですし、先輩のように頑張ります!

■京本大我(SixTONES)
SixTONESとしての帝国劇場出演は初となります。6人での個性を見せつつ、個人としても頑張りつつ、A.B.C-ZやSexy Zoneをサポートできるよう、僕たちなりに自分らしさを出していけたらいいなと思います。グループを結成して半年くらいなので、まだ僕たち自身も何ができるか分からない部分もあります。この『ジャニーズ・ワールド』中にまた新しい武器だったり、技だったりを見つけられたら、来年はもっと大きなグループになれると思っています。今回は本当に修行というか、SixTONESとして成長していける場でもあると思いますので、頑張っていきたいです。

■井上瑞稀(HiHi JET)
HiHi JETの名前の由来は、4人の頭文字からなっています。Hが橋本涼、iが井上瑞稀、Hが羽場友紀、iが猪狩蒼弥、そしてJETというのは、“Johnny’S entertainment team”の略です。僕たち、フレッシュに『ジャニーズ・ワールド』という舞台を盛り上げていけたらなと思います! 個人的には、ローラースケートで皆さんがハッと驚くような新しい技を習得できたらいいなと思っています。 ジャニーさんからは、「ローラースケートで皆を魅せろ」と言われてきたので、しっかり頑張っていきたいと思います!

■橋本涼(HiHi JET)
HiHi JETが得意なのは、ローラースケートとバトンです。だから『ジャニーズ・ワールド』では、“バトンをしながらローラーをする”という合わせ技に挑戦したいと思っています! かっこいい先輩方に見守られながら、すごく恥ずかしいですけど、皆に負けないくらい自分もかっこよく頑張りたいです!

■橋本良亮(A.B.C-Z)
先ほどパフォーマンスを一部観ていただきましたが、さっきのはごく一部なので、本番はもっとすごく楽しいショーになると思います。この『ジャニーズ・ワールド』は、ジャニーさんが本当に大切にしている舞台です。そのジャニーさんの気持ちを裏切らないよう、頑張っていきます。僕たちはジャニーズなので、何をやってもかっこよく見せられるようなパフォーマンスをできたらいいなと思っています。

■戸塚祥太(A.B.C-Z)
2015年の締めくくりと、2016年のスタートをこうしてまたジャニーさんの新しいショーで締めくくって始められるというのがものすごくうれしいです。ジャニーさんの頭に流れるものをスタッフ、キャスト一丸となってステージの上で表現できるように頑張っていきたいと思います。後輩が気を遣って「先輩の姿から学んでいきたい」と言ってくれるんですけども、後輩から学ぶことのほうが多いです(笑)。毎日勉強したいと思います! 個人的には来年、30歳に突入する年なので、“大人の佇まい”を身につけられたらいいなって思っています(笑)。

■河合郁人(A.B.C-Z)
僕は、オリンピックのオープニングのショーのような、そんなものをジャニーズJr.とSexy ZoneとA.B.C-Zで見せられたらいいなと思っています。あとは自分が目立てればそれでいいかなって(笑)。まだ本格的な稽古には入っていませんが、(会見で披露したものより)もっといろんな技が増えると思います。Jr.の皆は『ジャニーズ・ワールド』に限らず、歌番組とかでもローラーやったりアクロバットやったりと、吸収率がすごく早いので、僕たちからするとすごく焦ります。もう覚えないでくれって(笑)。出演者がたくさんいるので、皆が皆刺激になって、頑張ろうっていう気合いみたいなものがすごく入る舞台です。

■五関晃一(A.B.C-Z)
初演から出させてもらってるんですが、この『ジャニーズ・ワールド』という舞台に、数いるジャニーズタレントの中から選ばれて僕たちも立たせてもらっているということを今一度かみ締めて、しっかり挑んでいきたいと思います。ジャニーさんから細かいことはまだ言われていないのですが、いろいろな山場だったり見せ場っていうのが絶対前回よりも増えてくると思うので、本番を観ていただいて驚かせたいなっていう気持ちはあります。A.B.C-Zとしては、やっぱりパフォーマンスが売りなので、(全出演者の中で)一番激しいパフォーマンスに挑みたいなと思っています。

■塚田僚一(A.B.C-Z)
『ジャニーズ・ワールド』は、いろいろなグループとのコラボレートも見どころの一つだと思います。僕は、最近気象予報士の資格を持った(ジャニーズJr.の)阿部(亮平)ちゃんと岸本(慎太郎)と一緒に “お天気アクロバット”みたいなこともできたらなと(笑)。この舞台で、こんな特技を持つ子がいるんだ、こんなかわいらしい子がいるんだ、という(お客さんにとっても)新たな発見の場にもなったらいいなと思っています。年末年始ということなので、来てくれるファンの人たち、お客さんに、「一年よかったな」って思ってもらいたいですし、「すてきな一年を送りたいな」って感じてもらいたいので、僕たちもすごく気合いが入っています! 前回を越える作品になること間違いないので、皆さんに今から心待ちにしていてください!

前売開始は、12月公演は11月7日(土)、1月公演は11月14日(土)。公演は、12月11日(金)より帝国劇場にて。

インフォメーション

『ジャニーズ・ワールド』

【スタッフ】作・構成・演出=ジャニー喜多川
【キャスト】佐藤勝利・中島健人(Sexy Zone)/橋本良亮・戸塚祥太・河合郁人・五関晃一・塚田僚一(A.B.C-Z)/平野紫耀・永瀬廉・高橋海人(Mr.KING)/内博貴/ジェシー・京本大我・松村北斗・森本慎太郎・田中樹・高地優吾(SixTONES)/岩本照・深澤辰哉・渡辺翔太・宮舘涼太・佐久間大介・阿部亮平(Snow Man)/橋本涼・井上瑞稀・猪狩蒼弥・羽場友紀(HiHi JET) ほかジャニーズJr.

2015年12月11日(金)〜2016年1月27日(水)
・会場=帝国劇場
・一般前売=12月公演11月7日(土)/1月公演11月14日(土)
・料金=全席指定・税込S席12,500円/A席10,000円/B席8,000円/C席6,000円

*記事中、高橋海人、高地優吾の「高」の字は、正しくは「ハシゴ高」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7662