藤原竜也&有村架純出演 映画「僕だけがいない街」特報&ポスタービジュアルが公開 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「僕だけがいない街」ポスタービジュアル

拡大する

藤原竜也&有村架純の出演で、16年3月に公開される映画「僕だけがいない街」。本作のワンシーンが初公開された特報映像とポスタービジュアルが到着した。

原作は「ヤングエース」にて連載中の三部けいの同名漫画。「このマンガがすごい!」と「マンガ大賞」に2年連続ランクインするなど、多くの漫画ファンから好評を博している話題作だ。藤原が演じる主人公・藤沼悟は、自分の身に降りかかる“事件”を食い止めなければ、何度も同じ時間を繰り返してしまう「リバイバル」という現象に巻き込まれてしまった青年。リバイバルに巻き込まれ続け、ついに小学生にまで戻ってしまった悟が、18年前に起きた小学生連続誘拐殺人事件の真犯人を突き止めるというミステリーが展開される。

過去に戻ってしまい幼少期のつらい記憶がよみがえる悟。しかし、当時は気付くことのできなかった母親の深い愛情や、クラスメートたちの優しさに触れることで生まれる友情により、悟の“過去”は、新しい記憶となって塗り替えられていく……。ただのミステリーにとどまらない、優しさと切なさあふれたドラマチックな感動作に仕上げられている。

有村との初共演について藤原は「印象的なセリフを的確に、大事に、耳に残るように相手に伝える作業がさらっとできる人。その上、架純ちゃんらしさ(ヒロインの)愛梨らしさを持って、かわいらしく伝えてくれるから、すごい人だなと思いましたね」と絶賛。

一方、藤原との共演を楽しみにしていたという有村は「悟さんが愛梨って呼ぶ時、切ない中にも愛情があるように名前を呼んでくれて、キュンとしてトキメキました」と明かし、「この映画には信じる力というものがたくさん詰まっていた」と振り返った。

また、藤原は「とにかく天気に泣かされて、すべて逆でしたね。降ってほしいときに降らず、晴れてほしいときに雨が降り、本当に天気に泣かされました。よく撮りましたよね。このスケジュールとこの天気で。一点集中でスタッフさんの力は本当にすごいなと思いました」と苦労を語りながら、笑顔で撮影チームの団結力を讃えた。

インフォメーション


映画「僕だけがいない街」

【スタッフ】原作=三部けい(株式会社KADOKAWA/角川コミックス・エース) 監督=平川雄一朗 脚本=後藤法子
【キャスト】藤原竜也/有村架純/及川光博/杉本哲太/石田ゆり子 ほか

2016年春、全国公開

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7665