竹中直人&生瀬勝久&佐々木希出演『ブロッケンの妖怪』が開幕 - 2015年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ブロッケンの妖怪』開幕 1 左から佐々木希、竹中直人、生瀬勝久

▲ 左から佐々木希、竹中直人、生瀬勝久

拡大する

『ブロッケンの妖怪』開幕 2 生瀬勝久(左)と竹中直人

▲ 生瀬勝久(左)と竹中直人

拡大する

『ブロッケンの妖怪』開幕 10 囲み会見 左から生瀬勝久、佐々木希、竹中直人

▲ 囲み会見より。左から生瀬勝久、佐々木希、竹中直人

拡大する

このほかの写真も見る

竹中直人&生瀬勝久のタッグによる舞台企画第2弾『ブロッケンの妖怪』が、本日、THEATRE1010にて開幕。その初日を前に、一部シーンの公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

物語の舞台は、大きな洋館がぽつんと建つ孤島。霧の濃い日に洋館の影が霧に映り、海の上にもう一つの洋館が現れるという“ブロッケン現象”を取材するため、絵本作家の打越(竹中)と担当編集者の黒柳(生瀬)が訪れる。しかし、やがて彼らは洋館の影の中に自分たちもコピーされていることに気付いて……。

共演には、佐々木希、大貫勇輔、安藤聖、田口浩正、高橋惠子と多彩な面々を迎え、笑いと怪奇が入り混じるホラーコメディーを送る。

囲み会見には、生瀬と竹中、佐々木が登壇。初日を前にして、生瀬と竹中は「全力でやるだけ。お客さんがどんな反応をするのかやっぱり不安ですね」(生瀬)、「僕も不安。ああ、もうどうしよう、この時が来たのかって感じです」(竹中)と不安をのぞかせたが、本作が初舞台挑戦となる佐々木は「緊張はしましたけど、“しっかりしなきゃ”という気持ち」と力強くコメントした。

そんな彼女に対して二人は「度胸がある」(生瀬)、「舞台に現れた時に華がある」と太鼓判。佐々木は「初めてで大変なのかなって覚悟してたんですけど、楽しさの方が勝ってました。稽古も楽しかったですし、いろいろな貴重なお言葉を聞けるのが本当に自分にとって得るものが多かった」と振り返ると、竹中は「(作・演出の)倉持(裕)さんは、何度も何度も繰り返して演出するんですけど全然へこたれない」(竹中)と、彼女の奮闘ぶりを評価した。

稽古中には二人からさまざまなアドバイスをもらったという佐々木。「生瀬さんは学校の先生みたい。芝居の間とか、細かい技術を教えてくださった」と明かすと、竹中は「僕は何も(教えていない)。メールアドレスくらいですよ」と一言。佐々木は「竹中さんは“感じろ”と。お腹に熱いものを感じていれば、絶対にいろいろなものがついてくると教えてくれた」と話すと、これに生瀬は「(竹中は)ブルース・リーが大好きですからね。“Don't Think Feel”でしょ? (技術面と精神面で)ちょうどいいバランスじゃないですか(笑)」と、話し二人のコンビネーションを感じさせた。

また、報道陣から佐々木に「特別な人に初舞台を観てもらいたい?」と踏み込んだ質問が飛び出した場面では、佐々木に代わり、竹中が「1番観てほしい人は、ネアンデルタール人で、2番目が北京原人って言っててびっくりした」と独特の切り返しで会場を笑わせていた。

THEATRE1010での公演は11月1日(日)まで。東京公演が、シアタークリエにて11月12日(木)から29日(日)まで行われるほか、全国各地を巡るツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 1 左から佐々木希、竹中直人、生瀬勝久
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 2 生瀬勝久(左)と竹中直人
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 3 佐々木希
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 4 竹中直人(左)と生瀬勝久
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 5 左から生瀬勝久、安藤聖、竹中直人
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 6 左から安藤聖、田口浩正、竹中直人
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 7 大貫勇輔、竹中直人、生瀬勝久
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 8 左から大貫勇輔、高橋惠子、佐々木希
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 9 高橋惠子(左)と佐々木希
  • 『ブロッケンの妖怪』開幕 10 囲み会見 左から生瀬勝久、佐々木希、竹中直人

インフォメーション

『ブロッケンの妖怪』

【スタッフ】作・演出=倉持裕
【キャスト】竹中直人/生瀬勝久/佐々木希/大貫勇輔/安藤聖/田口浩正/高橋惠子

2015年10月30日(金)〜11月1日(日)
・会場=THEATRE1010
・料金=全席指定9,000円

2015年11月12日(木)〜29日(日)
・会場=シアタークリエ
・料金=全席指定9,000円

ほか、広島、大阪、静岡、愛知、福岡、鹿児島、鳥取、新潟、岩手、栃木でのツアー公演あり

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7673