KERA演出でトレイシー・レッツのピュリツァー賞&トニー賞受賞作『8月の家族たち』が上演 - 2015年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

▲ ケラリーノ・サンドロヴィッチ

拡大する

ピュリツァー賞&トニー賞を獲得したトレイシー・レッツの戯曲『8月の家族たち August:Osage County』が、Bunkamuraシアターコクーンにて上演される。

本作は、07年に初演され、ピュリツァー賞を受賞したほか、トニー賞でもプレイ部門最優秀作品賞ほか計5部門に輝いた話題作。13年に公開された映画版ではメリル・ストリープとジュリア・ロバーツが主演女優賞、助演女優賞でアカデミー賞にノミネートされたことでも注目を集めた。

父親の失踪をきっかけに、母親のもと再会した3姉妹とその家族たちが、それぞれに抱える思いをぶつけ合う姿を描いた本作。演出を手掛けるのは、同劇場には『祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜』以来、3年半ぶりの登場となるケラリーノ・サンドロヴィッチだ。“3姉妹モノ”を得意とする彼が、今回、レッツの描く“3姉妹と家族たちの不協和音”を舞台に立ち上げる。

インフォメーション

『8月の家族たち August:Osage County』

【スタッフ】作=トレイシー・レッツ 翻訳=目黒条 演出=ケラリーノ・サンドロヴィッチ

■東京公演
2016年5月
・会場=Bunkamuraシアターコクーン

■大阪公演
2016年6月
・会場=森ノ宮ピロティホール

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7676