女優の加藤治子さんが死去 - 2015年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

女優の加藤治子(かとう・はるこ)さんが、2日、心不全のため死去した。92歳だった。

東京都生まれ。松竹少女歌劇学校を経て、39年に東宝映画に所属。映画「花つみ日記」でデビューする。41年には、劇作家・加藤道夫や芥川比呂志らの「新演劇研究会」結成に参加。49年からは文学座で活動し、63年には、福田恒存、高橋昌也、芥川らとともに劇団「雲」を結成する。

舞台での活躍を続ける一方、向田邦子のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」や、映画「花いちもんめ」「マルサの女2」といった映像作品にも数多く出演。穏やかな母親役などで人気を博した。アニメ「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」では、声優も務めた。

99年に舞台『三婆』で菊田一夫演劇賞を、02年に『こんにちは、母さん』で紀伊国屋演劇賞などを受賞。02年に勲四等宝冠章を受章。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7684