ミュージカル『ビリー・エリオット』が17年に日本初演 主人公ビリー役は1年間のトレーニング&オーディションで決定 - 2015年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ビリー・エリオット』チラシ

拡大する

このほかの写真も見る

スティーブン・ダルドリーの同名映画をミュージカル化した『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』が、17年に日本初演される。

ストライキに揺れる、84年のイギリス北部の炭鉱町ダーラムを舞台に、偏見と闘いながらも、バレエダンサーの夢に向かってひたむきに進む少年と、それを支える家族の姿を描いた本作。映画を手掛けたダルドリー(監督)とリー・ホール(脚本)のタッグ、そして、エルトン・ジョンの楽曲により、05年5月にロンドンで開幕し、現在もウエスト・エンドでロングラン公演が続くヒット作だ。

06年のローレンス・オリヴィエ賞では4部門、09年のトニー賞では10部門を受賞したほか、全世界で80以上の主要演劇賞を獲得するなど高い評価を受けた、本作の日本初演がいよいよ実現する。

海外からクリエイティブ・チームを迎える今回の日本公演では、主人公ビリー役をはじめとした、キャスト・オーディションを、16年春に開催。ビリー役は、クラシック・バレエ、タップダンス、アクロバット、歌など、国内一流のコーチ陣のもと、約1年間のトレーニングとオーディションを経て決定するという。なお、クラシック・バレエについては、熊川哲也が主宰するKバレエスクールの協力が決定しているとのことだ。

ビリー役の応募資格は、11歳の少年を演じられる8〜13歳くらいの男子で、プロ・アマは不問(身長147cm以下で、声変わりをしていないこと)。締切は16年3月6日(日)当日消印有効。そのほかの詳細情報は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 『ビリー・エリオット』チラシ
  • 『ビリー・エリオット』ロンドン公演 1
  • 『ビリー・エリオット』ロンドン公演 2

インフォメーション

ミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』

【スタッフ】ロンドン・オリジナル・スタッフ:脚本・歌詞=リー・ホール 演出=スティーブン・ダルドリー 音楽=エルトン・ジョン

■東京公演
2017年7月中旬〜10月上旬
・会場=赤坂ACTシアター

■大阪公演
2017年10月上旬〜11月上旬
・会場=梅田芸術劇場 メインホール

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7708