東海道新幹線や西武池袋線など“鉄道路線”を擬人化 ミュージカル『青春−AOHARU−鉄道』が開幕 - 2015年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『青春鉄道』開幕 1

拡大する

このほかの写真も見る

“鉄道路線”を擬人化したミュージカル『青春−AOHARU−鉄道(あおはるてつどう)』が、18日にに全労済ホール/スペース・ゼロにて開幕。初日公演に先立って、公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

本作は、現在、「コミックウォーカー」で連載されている青春の同名漫画が原作。金に細かく日本一の収益を誇る東海道新幹線や西武グループの会長を崇拝する西武池袋線、個性的な路線に囲まれていつも頭を悩まされている有楽町線など、日本全国につながる鉄道路線たちを擬人化した“鉄道トリビアコメディー”だ。

囲み会見には、東海道新幹線役の永山たかし、山陽新幹線役の滝川英治、西武池袋線役のKimeru、埼京線役の豊永利行が登壇した。

4人をはじめ、かつてミュージカル『テニスの王子様』で、歴代の青学メンバーとして舞台に立った面々がそろった今回。永山は「“帰ってきた”というか、今回の仲間とやった作品が僕の始まりのようなもの。僕が舞台を好きになったきっかけだし、それを支えてくれたお客さまが、また今回観に来てくださると思うので、僕らの10数年を見せられたら」と感慨深い様子を見せた。豊永が「いろいろな経験値が増えた上での再会で、ちょっとした同窓会気分。いざ稽古が始まってみると、以前には見られなかった一面がいろいろ見れました」と振り返ると、滝川も「おのおのが成長した姿を見せないといけないという意味ではハードルは高いですが、また違う一面をみんなで一致団結してつくっていけたら」と、気合を入れた。しかし、そんな言葉を発する滝川の声の小ささに、永山は「声ちっちゃいね! 舞台に出る人とは思えない(笑)。本当に気合入ってるの?」と、すかさずツッコミ。キャスト同士のコンビネーションの良さを感じさせた。

一方、Kimeruは「今までに、いろいろな2.5次元作品を観たり出たりしてきましたけど、この作品はとても難しかった。鉄道マニア向け内容だし、地方の方に関東の路線をどう表現するかは課題でプレッシャーを感じていましたけど、川尻さんの演出を受けて“これだったらいける”とつかむことができたので自信を持って、今回皆さんに届けられる」と胸を張った。

今回は、“鉄道路線”という珍しい役どころだけに、キャストたちは今までとは違う思いがあるようだ。埼京線役の豊永は「埼京線は、痴漢が多い聞いていたけど、実際、この役になって自分のことを言われていると思うとすごく傷ついて悔しい気持ちになる。電車に乗った時には、お年寄りに席をゆずったりとか、ただの乗客だけど、埼京線の秩序を守ろうとする謎の正義感が(笑)」とコメント。この日、高崎線で列車がイノシシと衝突したというニュースがあっただけに、永山は「(高崎線役の郷本)直也は、メンタル弱いから大丈夫かな?って(笑)。今までこんなに身近だったのに、全然アンテナ張ってなかったんだなって思う」と話すと、「東京に来て初めて働いたバーが江古田にあった」と、自身が演じる西武池袋線の思い出を語ったKimeruも「見方が本当に変わる。俺にかんしては西武グループを全部愛し始めてる(笑)。(西武百貨店の)紙袋を持っている人を見ると『ありがとうございます』って思っちゃう(笑)」と明かした。

そのほか、会見でのコメントは以下の通り。

■永山たかし
今回の舞台は、“これまで”と“これから”へ向けての“現在地”のような作品になるんじゃないかと思います。舞台のセットは、上に向かっていく線路が途切れてるという形なんですけど、僕らがつくる未来に向かう現在地なんだと考えています。今回は、ある意味リスタートというか、これから走っていくきっかけになれば。そして、ここ(劇場)に来るまでに、僕ら(電車)に乗って、帰る時も僕らに乗って帰ると、ちょっと思ってもらえたら、楽しい作品になると思います。これからの何十年への第一歩を、今日踏み出せると思っています。

■滝川英治
個性的なキャラクターと歌で、パワフルにテンポ良くつくり上げていると思います。僕は、東海道新幹線という突っ走るキャラクターに翻弄される役ですけど、東海道新幹線を優しく見守って、さわやかな風を吹かせられるような存在になればと思っています。

■Kimeru
同じ関東の路線でもキャラクターがバラバラなのが、すごいなと感じています。それぞれの路線のキャラクターをぜひ堪能していただきたいですね。関東の方はより愛着を持てるように、地方の方は歴史を含めてこういう電車があるんだと知っていただきつつ、プラスして、僕たちの個性も結構出ています。舞台は、オムニバス形式なので、おもちゃ箱をひっくり返したような感覚で、いろいろなショートストーリーをたくさん楽しんでいただきたいなと思います。

■豊永利行
ここからスタートという感じです。ご覧になった方が「私の使っている路線はどう擬人化されるの?」とか、いろいろと気になって原作を手に取っていただけたら。原作を知らない方も、鉄道の歴史を楽しく学べる舞台になっていると思うので、気楽にリラックスして観て、大いに笑っていただければ、少し見方を変えて電車に乗ることができると思います。ぜひ楽しんでご覧ください。

公演は11月23日(月・祝)まで。

この記事の写真

  • 『青春鉄道』開幕 1
  • 『青春鉄道』開幕 2 滝川英治(左)と永山たかし
  • 『青春鉄道』開幕 3 Kimeru
  • 『青春鉄道』開幕 4 手前左から郷本直也、豊永利行、稲垣成弥
  • 『青春鉄道』開幕 5 章平(左)と阿部よしつぐ

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7716