『花より男子』キャストが本間昭光・生誕50周年記念ライブで劇中歌を初披露 - 2015年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


「本間祭2015」1

拡大する

「本間祭2015」2

拡大する

音楽プロデューサー・本間昭光の生誕50周年記念ライブ「本間祭2015〜これがホンマに本間の音楽祭〜」が、27日、NHKホールにて開催。同公演に、本間が音楽を手掛けるミュージカル『花より男子 The Musical』のキャストが登場し、ミュージカルの開幕に先駆けて劇中歌を初披露した。

本間自らが音楽監督を務め、「お祭りバンド」を率いて行われた今回のライブ。松任谷正隆、武部聡志、藤井隆、ポルノグラフィティ、広沢タダシ、いきものがかり、など、そうそうたる面々が勢ぞろいする盛大なライブとなった。

ライブの序盤戦、お祭りバンドによる演奏披露が終了したところで、本間がサプライズの出演者を紹介。1月よりシアタークリエで上演される『花より男子 The Musical』のヒロイン・牧野つくしを演じる加藤梨里香が、制服姿でステージ中央に登場した。

本間からの「お芝居の中でどんな牧野つくし像をイメージされていますか?」という質問に、加藤は「すごい強さを持った女の子なので、その強さとパワーを皆さんにお見せできたらと思っています!」と、はつらつと答えた加藤。本間が作曲を手掛け、劇中ではつくしの悩める恋心を歌ったソロバラード“高望み”を、満員のNHKホールの観客に向けて堂々と歌い切った。

さらにステージには、道明寺司役・松下優也(X4)をはじめ、花沢類役・白洲迅、美作あきら役・上山竜治とアンサンブルチームが登場し、全員で劇中のナンバー“恋をしよう”を熱唱した。

本番を終えて、松下は「道明寺司として『花より男子 The Musical』の音楽を披露するのは初めてでしたので緊張しましたが、楽しかったし、僕らの前につくしちゃん(加藤)がソロで歌ってくれたので、心強かったです」と語った。

この記事の写真

  • 「本間祭2015」1
  • 「本間祭2015」2

インフォメーション


■福岡公演
2016年1月28日(木)
・会場=福岡サンパレス ホテル&ホール
・料金=全席指定S席9,800円/A席7,800円

■愛知公演
2016年2月6日(土)・7日(日)
・会場=愛知県芸術劇場 大ホール
・料金=全席指定S席10,800円/A席8,800円

■大阪公演
2016年2月11日(木・祝)〜14日(日)
・会場=サンケイホールブリーゼ
・料金=全席指定S席10,800円/A席8,800円

2月に大阪、愛知ほかにてツアー公演を予定

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7742