ムロツヨシ主演の深夜ドラマ「悪党たちは千里を走る」が1月放送開始 共演に山崎育三郎&黒川芽以 - 2015年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「悪党たちは千里を走る」左から黒川芽以、ムロツヨシ、山崎育三郎

▲ 左から黒川芽以、ムロツヨシ、山崎育三郎

拡大する

TBSでは、水曜深夜「テッペン!水ドラ!!」枠の第2弾として、ムロツヨシを主演に迎える新ドラマ「悪党たちは千里を走る」を、16年1月より放送する。

ドラマは、第63回日本推理作家協会賞と第23回山本周五郎賞を受賞した作家・貫井徳郎が、05年に書き下ろした同名小説が原作。ムロは、制作会社のドラマディレクター・高杉篤郎を演じる。

渾身の企画書を盗用した上司に激怒し、会社を辞め、さらに1千万円の借金まで背負ってしまった高杉は、アシスタント・ディレクターの園部優斗と、金持ちの犬を誘拐するという計画を考える。二人のもとに、謎のアラサー女子・三上菜摘子や、ターゲットの家の子ども・渋井巧も乱入し、計画は膨らんでいくのだが、そこに、“ジョン・レノン”と名乗る男から一本の電話が。ジョン・レノンは高杉に「渋井巧を誘拐した。そして犯人は、あなたです」と告げる……。

天才犯罪者によって誘拐事件の犯人に仕立てあげられた高杉が、その事件を実行させられながら、同時に犯罪者を追うというサスペンス・ストーリーが展開。自己中心的なダメ男の高杉が、事件を通して園部や三上とぶつかり合い葛藤しながらも、成長していく姿を描く。スリリングながらも、クスリと笑えてホロリと泣けるユーモラスなドラマになるという。

園部を演じるのは、同局の日曜劇場「下町ロケット」にも出演する山崎育三郎。三上役を黒川芽以が担う。

■ムロツヨシ
主演で呼んでくれる人たちが現れました。ドラマ「悪党たちは千里を走る」で走らせてもらえることができます。不器用な男が不器用なまま走るドラマです。そのまま自分に重ねまして、演じるというより、その場に立とうと思います。なんと言いましょう。やりがいとうれしさ。真ん中に立って、いいキャストのみなさん、いいスタッフの皆さんと、“いいドラマ”をしっかりふざけてつくる思いです。走らせてもらいます。主演のムロツヨシです。おはようございます。こんにちは。こんばんは。

■山崎育三郎
「下町ロケット」の真野賢作役とは世界観が変わり、スピーディーな展開で、笑いあり涙ありのユーモラス・サスペンス作品。「悪党は千里を走る」の台本を読ませていただいた時、あまりにも面白く。軸になる、高杉・園部・菜摘子のトライアングルから生まれる化学反応、絶妙なバランスで動き回るコンビネーションは、ストーリーが進むに連れて引き込まれて一気に読み終えました。僕が演じる園部は、“幸せな家庭に対するあこがれ”を持ちながら、何だか適当なところがあり、頼りなく、フワフワしています。園部から見る、どこか居心地の良い高杉さんとの関係を大事に演じていきたいと思っています。ムロツヨシさん、黒川芽以さん、素晴らしい役者の皆さんとの共演も、とても楽しみにしています。

■黒川芽以
今回の作品は、原作がありますが、脚本はそこからヒントを得た新しいものになっている印象です。会話劇が面白く、そこにどう入り込んでいこうかと考えていて楽しみです。お話を伺って、プロデューサーの作品に対する熱を強く感じました。私も心を込めて、皆さんに楽しんでいただけるような作品をつくっていきたいと思います。

ドラマは、1月20日(水)23:53より放送開始。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7753