人気漫画「FAIRY TAIL」が宮崎秋人主演で舞台化 - 2015年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
宮崎秋人

▲ 宮崎秋人

拡大する

講談社「週刊少年マガジン」で連載中の真島ヒロの人気漫画「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」が、宮崎秋人の主演で舞台化される。

原作は、火を操る魔導士・ナツや、一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィ、そして、彼らが所属する魔導士ギルド「フェアリーテイル」の個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる冒険を描いたファンタジー・アクション。06年の連載開始から人気を博し、アニメやゲームなどに幅広く展開するほか、海外からも注目されるヒット作だ。

脚本・演出は、『女海賊ビアンカ』、ライブ・スペクタクル『NARUTO−ナルト−』などを手掛けた児玉明子が担当する。

■児玉明子 脚本・演出
世界に誇る原作漫画の舞台化の脚本・演出を担当させていただくことになり、その緊張感を感じつつ、信頼するスタッフやキャストに支えられながら、一歩ずつ舞台化へ向けて準備を進めている毎日です。この上なく舞台を愛する者の一人として、この作品を通じて演劇ファンの方々はもちろんのこと、今まで劇場になじみのなかった方々や、国境を越え海外の「FAIRY TAIL」ファンの方々にも、作品の世界観を劇場で体感していただき、そして、演劇の素晴しさを少しでも味わっていただけたら、この仕事に生きる喜びをこの上なく感じ、心の底からうれしく思います。そして一人でも多くの皆さまに、劇場でお会いできることを望みつつ……。とにかく頑張ります!

■宮崎秋人
世界的に大人気漫画作品「FAIRY TAIL」の舞台化、さらに、その主演に抜ってきしていただき、とても驚いています。座長という大役は非常にプレッシャーを感じますが、それ以上に新たな挑戦ができることが何よりうれしいです! “再現”ではなく“舞台にする”ことを一番に考えてナツ・ドラグニルを演じたいです! 自分と、一緒につくり上げる仲間たちにとっての代表作にしたいです。

過去の関連記事

インフォメーション

『FAIRY TAIL』

【スタッフ】原作=真島ヒロ「FAIRY TAIL」(講談社「週刊少年マガジン」連載) 脚本・演出=児玉明子
【キャスト】宮崎秋人(D-BOYS) ほか

2016年4月30日(土)〜5月9日(月)
・会場=サンシャイン劇場

 

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7760