古田新太&吉田鋼太郎出演 長塚圭史作・演出『ツインズ』が開幕 - 2015年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ツインズ』開幕 1 吉田鋼太郎(左)と古田新太

▲ 吉田鋼太郎(左)と古田新太

拡大する

『ツインズ』開幕 13 後列左から長塚圭史、中山祐一朗、石橋けい、葉山奨之、前列左から古田新太、多部未華子、りょう、吉田鋼太郎

▲ 後列左から長塚圭史、中山祐一朗、石橋けい、葉山奨之、前列左から古田新太、多部未華子、りょう、吉田鋼太郎

拡大する

このほかの写真も見る

長塚圭史が作・演出を手掛ける新作『ツインズ』が、6日にPARCO劇場にて開幕。その初日を翌日に控えた5日、公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

物語の舞台は、美しい海辺に建つ一軒の家。そこでは、長男リュウゾウ(吉田鋼太郎)たち家族が、穏やかな生活を送っているように見えるが、東京から次男ハルキ(古田新太)と彼の娘イラ(多部未華子)が帰省すると、徐々に不穏の色が濃くなってゆく。視界に広がる美しい海は、果たして本当の現実なのか……?

02年の『マイ・ロックンロール・スター』から『LAST SHOW』(05年)、『SISTERS』(08年)と、同劇場のプロデュース公演で“家族”をテーマにした作品を送り出してきた長塚。古田、吉田、多部のほか、りょう、石橋けい、葉山奨之、中山祐一朗の実力派キャストたちとともに、残酷でユーモラスな家族の寓話を描き出す。

稽古を終えて、キャストと長塚が囲み会見に登壇。開幕を前にした意気込みを問われると、古田が「まだ始まってないですけど、早く終わればいいなと思います」とこぼして会場を笑わせた。

吉田は「最初にホンを読んだ時は、この社会性を孕んだ難しい戯曲がどう立ち上がるのかと思ったんですけど、通し稽古を終えて、一つの形になりつつある。明日は、良いものをガツンとお見せできるんじゃないかな」と、手応えを感じている様子。長塚は「今回は、夢のような本当にありがたいメンバーだと思っいてます。舞台化するのに非常に困難な作品に食らいついてくれているので、結束は劇が幕が開いたら強くなっていくと感じています」と、自信をのぞかせた。

今回の取り組みのきっかけについて問われると、長塚は「古田さんから家族の“嫌な話”を書いてほしいと。家族のちょっと病んでる部分とか、僕が思う家族の光と闇の部分を合わせて書いてみました」とコメント。古田は「家族という集合体の空々しさというか、家族同士が本当に信頼しあっているのか感じたり、親や子どもをうっとおしく感じたりする、そういうものを書いてほしかった」と語った。

古田は、『LAST SHOW』での主演から10年ぶりの長塚作品への出演となったが、久しぶりに受けた長塚の演出を「細かい。あと、稽古が長い」とバッサリ。一方、吉田は「僕は、長塚君の劇世界が好きなので、常に長塚圭史とは一緒にやりたいと思っていました。長塚流稽古は長いけど、それだけ積み重ねられることが多い。全員が出るシーンは難しくて、たくさん稽古しないとまだ不安なところがあるよね。稽古は大切だと思います!」と、古田と正反対の持論を力説して笑いを取った。

対して、個性派・古田&吉田のコンビとの創作に、長塚は「大変です」と一言。「プランが変わりかねないことをする吉田さんという人がいるので(笑)。今日もあるシーンで声が大きくなってたり、信頼しているけど、そこまでやらなくても大丈夫ですよと、厳重に注意しながら抑えつつやっていこうと(笑)」と話すと、吉田は「張り切っちゃったんだよ(笑)」と笑った。

また、長塚作品には初参加となった多部については、長塚は「イラという役は、いわゆる一般世間から取り出したような“日常”を持っている女の子だけど、実は彼女が、この劇を動かしていく大きなものを背負っている。役にぴったりでこれからも楽しみです」と太鼓判。しかし、報道陣から「多部の制御は難しいのでは?」という質問が飛び出す場面が。

長塚は「そんなイメージなの!?」と、驚きながら「大丈夫ですよ。りょうさんと多部さんの二人のシーンは難しくて『大きな物語と生物学的なものを詩的につなげてくれ』って無茶苦茶な演出をしてもやってくれますからね」と明かすと、古田も「クールで頼りになります。先ほども私がせりふを忘れたら付いてきてくれたし、非常に良い子です(笑)。面倒くさいのは、(古田、吉田の)おじさん二人だけ」と、笑いを取りながらも多部をフォロー。多部は「自分を見つめなおします……」と複雑な表情で苦笑していた。

東京公演は、30日(水)まで。その後、大阪、福岡、新潟、長野を巡るツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『ツインズ』開幕 1 吉田鋼太郎(左)と古田新太
  • 『ツインズ』開幕 2
  • 『ツインズ』開幕 3 多部未華子(左)と古田新太
  • 『ツインズ』開幕 4 古田新太
  • 『ツインズ』開幕 5 石橋けい
  • 『ツインズ』開幕 6 石橋けい(左)と葉山奨之
  • 『ツインズ』開幕 7 多部未華子
  • 『ツインズ』開幕 8 りょう
  • 『ツインズ』開幕 9 りょう(左)と多部未華子
  • 『ツインズ』開幕 10 中山祐一朗(左)とりょう
  • 『ツインズ』開幕 11 吉田鋼太郎
  • 『ツインズ』開幕 12 吉田鋼太郎(左)と葉山奨之
  • 『ツインズ』開幕 13 後列左から長塚圭史、中山祐一朗、石橋けい、葉山奨之、前列左から古田新太、多部未華子、りょう、吉田鋼太郎

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7766