ヒット作をドラマチックにリメイク 韓国ミュージカル『HARU』が13日に開幕 - 2015年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『HARU』開幕 1

▲ カンイン

拡大する

『HARU』開幕 2

▲ ソンモ

拡大する

このほかの写真も見る

SUPER JUNIOR、超新星など、人気グループのメンバーが出演し、明治座で上演される韓国ミュージカル『HARU〜あの日に戻れるなら〜』。その13日(日)の開幕に先立って、稽古風景とキャストコメントが到着した。

韓国で07年に初演され、好評を博した本作。今回、韓国を代表するクリエーター陣により、ドラマチックにリメイクされた、新たな作品として世界初演される。

物語の舞台は、101年振りに接近する彗星「フォルトゥナ」に沸く街。正義感に燃える刑事カン・ヨンウォンは、日々忙しく仕事に励み、映画館で働く彼の恋人ミン・ヨンドゥは、彼と会えないことを不満に思いながら、いつかは映画のようなロマンチックな未来があるはずだと考えていた。一方、映画脚本家ハン・ミノは、スランプに悩み、彼の妻で花屋のオーナー、チョン・ウヌは日々、視力が失われていくことを夫に言えずにいた。それぞれに思いを抱えながら“1日=HARU”を過ごしていた4人は、衝撃的な運命に巻き込まれてしまう。絶望と後悔に揺れるカン・ヨンウォンとハン・ミノの前に、時間を操るという“クロノス”が現れる。彼は、時間を巻き戻すことができるのだが、それには“代価”が必要だと彼らに告げて……。

“愛と運命”“選択と決断”“悲劇と後悔”といったエッセンスを盛り込んだラブ・ストーリーが繰り広げられる。

■カンイン(SUPER JUNIOR) カン・ヨンウォン役
皆さん、こんにちは。SUPER JUNIORのカンインです。お久しぶりです。ミュージカル『HARU』で皆さんにまたお会いできることになりました。僕は歌手ですので歌はもちろんですが、演技でも皆さんにすてきな姿をお見せしたいです。精いっぱい練習をして、日本公演では歌や演技で感情を表現できるよう頑張ります。楽しみにしていてください。いつも歌手としての僕を応援してくださり、本当にありがとうございます。その気持ちに応えようと、いつも努力しています。今回はミュージカル俳優のカンインとしてすてきな公演を皆さんにお見せし、「成長した、頑張った」と評価していただけるよう頑張ります。

■ソンモ(超新星) カン・ヨンウォン役
皆さん、こんにちは。超新星のソンモです。僕にとっては久しぶりでもあり、新しいミュージカルに参加できて、本当にうれしく思っています。今回の役は、今までに演じたことのない役なので、僕も楽しみです。厳しい性格の刑事役なので、表情の演技を勉強しています。どこまで表現ができるか、どんな役になるのか皆さん楽しみにしていて下さい。『HARU』というミュージカルは、1日についての話なのですが、時間を取り戻せないことに後悔をしたり、さまざまな感情を抱く人びとを表現した作品です。『HARU』という題名のように、皆さんと良い“HARU(1日)”を過ごしたいと思います。もう少し待っていてください。

■キム・ヒョンジュン(SS501) カン・ヨンウォン役
こんにちは。カン・ヨンウォン刑事役のキム・ヒョンジュンです。お会いできてうれしいです。ミュージカルの日本公演は、今回が初めてなのですごくワクワクしますが、不安もあります。韓国で一生懸命練習して日本に行きますので、ファンの方と心を一つにできる良い公演になると願っています。僕は刑事役ですので、タフで男らしく、本来の僕とは正反対の男を表現しようと努力しています。ご覧になれば、その姿に驚かれることでしょう。『HARU』日本公演で2015年を締めくくることになりました。2組のカップルの愛を描いた切ない作品です。必ず劇場でご覧ください。日本でお会いする時まで、元気でお過ごし下さい。

■ユグォン(Block B) カン・ヨンウォン役
こんにちは、カン・ヨンウォン役のBlock Bユグォンです。日本でのミュージカルは2回目です。前回はSHOWミュージカルでしたが今回は演技が中心なので、緊張していますが一生懸命頑張ります。『HARU』では初めて刑事役に挑戦します。僕がどんなふうに刑事役を演じるのか注目していただきたいですし、素晴らしい出演者たちと息の合った演技も見どころです。この作品で“一日の大切さ”を感じていただけたらと思います。ミュージカル『HARU』で日本にうかがいます。皆さんの期待と声援に応えられるように頑張ります。

■ハン・ミノ役 イ・ゴンミョン役
こんにちは。映画脚本家ハン・ミノ役のイ・ゴンミョンです。お会いできてうれしいです。ミュージカルの日本公演は1年半ぶりですので、すごく楽しみでワクワクしています。日本で公演するたびに、宝物のような思い出ができるので、今回も大切で幸せな思い出が出来ることを確信しています。『HARU』は感情表現に重点を置いた作品です。1日だけ時間を戻せた時に、果たして愛する人のために自分の命を投げ出すことができるか、という葛藤など、細やかな感情表現が見どころです。10年前に韓国で上演した作品ですが、日本が初演だと言っても良いほど脚色を加え、新たに生まれ変わりました。「初演を観れるんだ!」という気持ちで来場していただけたら、より一層楽しめるかと思います。今年の冬に東京でお会いしましょう。

■ユナク(超新星) イ・ゴンミョン役
皆さん、こんにちは。俳優のユナクです。よろしくお願いします。12月にミュージカル『HARU』に出演することになりました。(映画脚本家の)ハン・ミノ役を、心の底から表現するような演技をしたいと思っています。また結婚している役で、自分の愛する人を失うという内容なので、その部分も切なく表現したいと思っています。今回、素晴らしい俳優の方々と一緒に公演することになりました。僕のあこがれのシン・ソンウさんも出演されますし、大好きなソンモ君も出演します。舞台で一緒にソンモ君と歌って演技もするので、彼ともたくさん話をしていて、頑張って皆さんに最高のステージを見せしようと思っていますので、楽しみにしていて下さい。頑張ります!

■ホ・ヨンセン(SS501) イ・ゴンミョン役
こんにちは。映画脚本家ハン・ミノ役のホ・ヨンセンです。今回、兵役を終えて初めての活動になります。ですので、一生懸命準備していますし、皆さんにお会いできると思うと、非常に緊張もしています。この作品はさまざまな愛の形や出来事を通じて“1日の大切さを”気付かせてくれる、切なくもあり、とても感動的なドラマミュージカルです。ホ・ヨンセンではなくハン・ミノになりきって、彼の感情と心に浸り切ることに重点を置いて演技しています。ミュージカルの日本公演は今回で2回目ですが、久しぶりの公演なので、より一層気合いを入れて準備をしました。楽しみにしていてください。兵役後、初めての活動ですのでたくさん応援してください。ぜひ観に来てくださいね!

■シン・ソンウ クロノス役
こんにちは、クロノス役のシン・ソンウです。お久しぶりです。今回はミュージカル『HARU』で日本に伺うことになりました。私は、何度も日本公演をしていますが、いつも本当に温かく迎えてくださり、そして公演後も席を立たずに、惜しみない拍手を送ってくださるあの光景が忘れられません。私は時間を支配する神の役です。人びとの置かれた状況に溶け込み、ともに悲しみともに喜ぶ姿、そして、神と人間の狭間で苦悩する姿を細かく表現しようと努力しています。“1日がいかに重要か”ということに気付かされる作品です。一生懸命準備していますので、期待していてください。私たちも皆さんに会える日を心待ちにしています。

■ソ・ヨンジュ クロノス役
こんにちは、ミュージカル俳優のソ・ヨンジュです。今回は私にとって初めての日本公演ですので、すごく楽しみです。初めてお目にかかる方が大部分だと思いますので、とてもワクワクしますが心配でもあります。私の役はクロノスという時間を支配する神です。実際に神になったことはありませんが、神の雰囲気に近づけるよう演技の練習に没頭しています。私の役は難しい歌が多いので、歌で感情を伝えることに強く力を注いでいます。一生懸命取り組んで、すてきな姿をお見せしたいです。皆さんにお会いできることになり、とてもうれしいです。それまで、元気でお過ごしください。

同じ記事の写真

  • 『HARU』開幕 1
  • 『HARU』開幕 2
  • 『HARU』開幕 3
  • 『HARU』開幕 4
  • 『HARU』開幕 5
  • 『HARU』開幕 6
  • 『HARU』開幕 7
  • 『HARU』開幕 8
  • 『HARU』開幕 9
  • 『HARU』開幕 10
  • 『HARU』開幕 11
  • 『HARU』開幕 12
  • 『HARU』開幕 13

 

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7777