60年代の国民的人形劇を舞台化 『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』が開幕! - 2015年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ひょっこりひょうたん島』開幕 1

拡大する

『ひょっこりひょうたん島』開幕 4

拡大する

このほかの写真も見る

井上ひさしと児童文学作家の山元護久が脚本を手掛け、1960年代に人気を博した人形劇「ひょっこりひょうたん島」。その舞台版『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』が、15日、Bunkamuraシアターコクーンで開幕した。前日、報道陣を集めての公開舞台稽古が行われた。

1964年から69年にNHKの人形劇シリーズとして放映され、お茶の間の話題をさらった「ひょっこりひょうたん島」を、串田和美の演出・美術、宮沢章夫と山本健介の脚本、宮川彬良の楽曲で舞台化した本作。出演者には、ミュージカル界のスター、井上芳雄と安蘭けい、若手女優の山下リオ、そしてベテランの小松政夫、白石加代子など、多彩な面々がそろう。

円盤のような盆舞台の上で、旅一座の出し物のようにさまざまなシーンが矢継ぎ早に展開していく。それらは、海賊たちのイス取りゲームや、ピクニックに来たサンデー先生と子どもたちの様子をつづる無音劇、人間から独立した犬たちのブルドキア王国を舞台にした劇中劇、アコーディオンと弦楽器の生演奏&小芝居など、実に多様だ。稽古場の延長線上にあるかのようなシーンの連続は、不条理劇に似た肌触りを持つが、トラヒゲを演じる小松が「ヒョッ!」と飛んで驚きを表すさまや、名ぜりふ「今日がだめならあしたにしましょ。あしたがだめならあさってにしましょ……どこまでいってもあすがある」をドン・ガバチョ役の白石が豊かな声色と笑顔で周囲に語りかけるなど、“ひょっこり”色もバッチリ健在! 一方で、作品全体には過去の記憶や亡き者の思いといった、実態のないものの“郷愁”が、まるで夢を見ているかのようにあいまいに漂う。“この世はおかしみに満ちている”という人生の不思議をそのまま目撃するかのような舞台。そんな実験的な、ともすれば演じるには難しい作品に、芸達者のキャスト陣が楽しそうに挑んでいた姿も印象的だった。

公演は28日(月)まで。その後、長野、大阪、福岡の旅公演を経て、2月3日(水)から11日(木・祝)まで同劇場にて凱旋公演を行う。

この記事の写真

  • 『ひょっこりひょうたん島』開幕 1
  • 『ひょっこりひょうたん島』開幕 2
  • 『ひょっこりひょうたん島』開幕 3
  • 『ひょっこりひょうたん島』開幕 4
  • 『ひょっこりひょうたん島』開幕 5

インフォメーション


東京凱旋公演
2016年2月3日(水)〜11日(木・祝)
・会場=Bunkamuraシアターコクーン

1月に長野、大阪、福岡でのツアー公演あり

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7808