『テニミュ』3rdシーズン最新作「青学vs山吹」が開幕 - 2015年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『テニスの王子様 青学vs山吹』開幕 1

拡大する

『テニスの王子様 青学vs山吹』開幕 4

▲ 左から森田桐矢、眞嶋秀斗、古田一紀、川上将大

拡大する

このほかの写真も見る

同名漫画を舞台化した、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンの最新作「青学vs山吹」がTOKYO DOME CITY HALLで開幕。初日の公演を前に公開ゲネプロと、囲み取材が行われた。

本作では、主人公・越前リョーマの所属する青学テニス部が、名門・山吹と対戦。中でも、新キャラクターの新渡米稲吉と喜多一馬の登場が話題を呼んでいた。原作でも描かれていない彼らの試合は、原作の続編が連載中の「ジャンプSQ.」編集部が監修。アクロバチックな対戦に仕上がっている。また、青学レギュラーによる疾走感たっぷりのオープニングナンバー、山吹の名コンビ“地味'S”が歌うシックでジャジーなデュエット曲、両校の対戦を見守る聖ルドルフメンバーのエレガントな楽曲と、新曲が7曲も披露され、物語をカラフルに彩った。

囲み取材での主なコメントは以下の通り。

■古田一紀 越前リョーマ役
(対戦相手の)亜久津との試合は、初めて原作で読んだ時に感動したシーンなので、その感動をお客さまにも伝えられるように頑張ります。亜久津は実際にいたらものすごく怖いと思うのですが、そんな亜久津に臆せず立ち向かうリョーマをすてきに演じられたら。大みそか、お正月の三が日、節分、バレンタインなど公演期間中に行事がいろいろとあり、ストーリー以外でも楽しんでいただける企画もありますので、ぜひそちらも楽しみにしていただきたいです!

■眞嶋秀斗 桃城武役
不動峰公演では補欠、聖ルドルフ公演では海堂とのダブルス、そしてついに山吹公演では、シングルス3で出場する桃城に注目していただけたらと思います。桃城の強さ、熱さで心を揺さぶる公演にしたいです。そして、今回は青学の校内戦のシーンも登場します! あっけらかんとして明るくて、競い合って強くなる青学らしい姿をぜひ観てください。映像とマッチした青学の新曲も楽しみにしていてください。

■森田桐矢 千石清純役
すべての試合に魅力が詰まっていますが、くせ者の桃城、食わせ者の千石の二人の戦いをぜひ楽しんで観てください。“だましだまされ”の駆け引きを原作に忠実にやりたいです。そして、新アンコールソング“シャカリキ・ファイト・ブンブン”の振付動画もテニミュ公式チャンネルにアップされているのでぜひご覧ください。劇場で皆さんと一緒に踊って盛り上がれることを楽しみにしています。

■川上将大 亜久津仁役
亜久津らしい迫力のあるところを前面に出していきますので、新曲のソロ曲など楽しみにしていてください。今回の山吹公演には、僕たち山吹にテニミュ初登場の新渡米稲吉と喜多一馬が登場します。原作で二人はあまり描かれていませんが、新渡米と喜多がどんなキャラクターなのかも分かると思いますので、期待していただければと思います。劇場でお待ちしています。

今後は大阪、愛知、福岡、宮城公演を経て、2月に同劇場で東京凱旋公演を行う。

この記事の写真

  • 『テニスの王子様 青学vs山吹』開幕 1
  • 『テニスの王子様 青学vs山吹』開幕 2
  • 『テニスの王子様 青学vs山吹』開幕 3
  • 『テニスの王子様 青学vs山吹』開幕 4

インフォメーション

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs山吹

【スタッフ】原作=許斐剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊) オリジナル演出=上島雪夫 演出=本山新之助 音楽=佐橋俊彦/坂部剛 脚本/作詞=三ツ矢雄二 振付=本山新之助/上島雪夫
【キャスト】古田一紀/財木琢磨/石田隼/神里優希/本田礼生/田中涼星/滝川広大/眞嶋秀斗/佐奈宏紀 ほか

■東京公演
2015年12月24日(木)〜27日(日)
・会場=TOKYO DOME CITY HALL

■大阪公演
2015年12月30日(水)〜2016年1月10日(日)
・会場=大阪メルパルクホール

■愛知公演
2016年1月15日(金)〜17日(日)
・会場=日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

■福岡公演
2016年1月29日(金)〜31日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

■宮城公演
2016年2月6日(土)〜7日(日)
・会場=多賀城市民会館 大ホール

■東京凱旋公演
2016年2月12日(金)〜21日(日)
・会場=TOKYO DOME CITY HALL

各公演とも
・チケット発売中
・料金=全席指定5,800円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7830