三上真史&大山真志W主演 明治座『晦日明治座 納め・る祭』が開幕 - 2015年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 1 三上真史(左)と大山真志

▲ 三上真史(左)と大山真志

拡大する

このほかの写真も見る

明治座で毎年年末に行われている“祭”シリーズ公演『晦日明治座 納め・る祭〜あんまり歌うと攻められちゃうよ〜』が、今年も本日29日に開幕する。

毎回、芝居とショーの2部構成となっている同シリーズ。第一部は、三上真史&大山真志がW主演を務める芝居『将の器〜泣くよウグイスHEY!HEY!HEY!〜』だ。平安初期の征夷大将軍・坂上田村麻呂(三上)と、彼と対峙する蝦夷の英雄・阿弖流為(大山)の物語に、劇作家・赤澤ムックが大胆なアレンジを施し、板垣恭一の演出により新たな歴史ファンタジーを送る。“守る”ものが異なる二人が出会った時に生まれるものは何なのか? “信念”を守るために戦うことの意味を問いかける。

キャストには辻本祐樹、木ノ本嶺浩、安西慎太郎といった若手俳優たちに加え、勝野洋や高嶺ふぶき、お笑い芸人のなだぎ武など、ジャンルを超えたバラエティー豊かなメンバーが集結している。

第二部は、キャストがユニットを組み、オリジナル曲を歌って踊るショーショー「もののけでショー」を上演。京都の軍人たちが、蝦夷の森で出会ったナマハゲと組んだバンドユニット「KYO NO HAJIMARI(キョウハジ)」や、リンゴやわんこそばが好きな東北訛りの2人組アイドル「りんごMEN's」など、今年もユニークなユニットが登場する。

■三上真史 坂上田村麻呂役
ストレートプレイとミュージカルが融合した、坂上田村麻呂と阿弖流為のこれまでにない新たなカタチの物語。喜怒哀楽あらゆる感情を揺さぶれたらと思います。誰が正しいではなく皆がそれぞれに信念を持ち生きた時代、その思いを胸に僕らもこの舞台の上で生き抜きます。楽しんでいただけたら幸いです、よろしくお願いします。

■大山真志 阿弖流為役
年末明治座シリーズで、念願だった座長を三上さんとやらせていただけることがとてもうれしいです。初日を迎えて緊張もありますが、みんなで全力で芝居して、歌って、踊って、とにかくお客さまに楽しんでいただきたいです。今回は芝居にミュージカル調のところもあるので、そこを観ていただければと思います。

東京公演は31日(木)まで。31日(木)には、カウントダウンイベント「年越RUN舞(としこしらんぶ)で☆るンバ〜走ったり、踊ったり、しゃべったり〜」も実施される。大阪公演は、1月16日(土)に梅田芸術劇場 メインホールにて開催される。

この記事の写真

  • 『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 1 三上真史(左)と大山真志
  • 『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 2 三上真史(左)と大山真志
  • 『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 3 大山真志(左)と三上真史
  • 『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 4 三上真史(左)と勝野洋
  • 『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 5 高嶺ふぶき(中央)
  • 『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 6 左から辻本祐樹、高嶺ふぶき、大山真志
  • 『晦日明治座 納め・る祭』 開幕 7 勝野洋(左)と中村龍介

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7837