土方歳三役:松田岳&雪村千鶴役:藤社優美を新たに迎えた最新作 ミュージカル『薄桜鬼 新選組奇譚』が上演中 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『薄桜鬼 新選組奇譚』開幕 1

拡大する

『薄桜鬼 新選組奇譚』開幕 5 左から、橋本祥平、鈴木勝吾、松田岳、藤社優美、荒牧慶彦

▲ 左から、橋本祥平、鈴木勝吾、松田岳、藤社優美、荒牧慶彦

拡大する

このほかの写真も見る

女性向けの同名人気ゲームを原作としたミュージカル『薄桜鬼』の最新作「新選組奇譚」が、4日より天王洲 銀河劇場にて上演中だ。

幕末という激動の時代に不器用ながらも武士として生きた新選組隊士たちと、“鬼”の一族との戦いを殺陣×ダンス×歌が融合したミュージカルとして描く本シリーズ。12年初演から上演が重ねられ、ファンからは『薄ミュ』の名で親しまれてきた。原作ゲーム第1作のサブタイトルを冠した今回は、土方歳三役に松田岳、雪村千鶴役に藤社優美を迎え、『薄ミュ』の新たな幕開けとなる作品を送る。

初日を前に行われた囲み会見での主なコメントは以下の通り。

■松田岳 土方歳三役
稽古から積み上げてきて、いよいよ初日ということで、気を引き締めたいなという思いです。とにかく今は初日を開けることしか考えてないです。今回から初参加で、ずっと好きだった『薄桜鬼』の世界の人たちと一緒に稽古ができるとワクワクしていました。皆さん優しく「『薄桜鬼』とはこういうものだ」と教えてくれました。これまで受け継がれてきた思いをきちんと引き継いで、また新しい“誠の形”をお届けできれば。初参加してみて、このミュージカル『薄桜鬼』は、出演者はもちろん、演出の毛利亘宏さん、スタッフさん、そしてお客さまと、たくさんの方に愛されている作品だということ分かりました。だからこそ、僕らは新選組のもともとの歴史もちゃんと調べて受け止めて、それを舞台の上でぶつける、それがずっとずっと続いていくといいなと考えています。

■藤社優美 雪村千鶴役
稽古から今日まであっという間でした。始めは不安しかなかったけれど、稽古を重ねるごとにそれが少しずつ消えて、今は稽古でやってきたことをお客さまにしっかり伝えられたらいいなと思っています! 初めてこの作品に出させていただくのですが、出演が決まって最初に「斎藤一篇」のDVDを見た時、自分にはできないかもしれないと思いました。でも、稽古の中でみんな仲良くなれたし、女子は一人ですが(笑)、今はカンパニーの一員になれたんじゃないかなって思います。今、この皆さんからいただく感情を大事にして“藤社優美なりの雪村千鶴”を演じたいと思います。キャスト、スタッフさん、毛利さんら先生方、みんなでつくったミュージカル『薄桜鬼』です。細かいところにまでこだわってつくりました。皆さん、私と一緒に新選組や鬼たちの生きざまを見届けていただけたらうれしいです。

■鈴木勝吾 風間千景役
やっと今日を迎えることができました。この後もっともっと良くしていけると思うので、稽古でやってきたものを信じて、仲間を信じて、ここからまたみんなで最後まで駆け抜けたいなと思います。初演からこの作品にかかわっているんですが、(自身が参加していない「黎明録」からのキャストもいるので)最初は“知っているカンパニー”なのに“まったく知らないカンパニー”のようで戸惑いもありました。その後、新たなきずなもできて、自分が今、何をしたらいいのかをすごく考えました。風間千景として作品を支えつつ、最後に新選組が歌う曲を聞いて、この作品がここまで育った姿を見ると親心みたいなものを感じたりと、すごくうれしい気持ちでいっぱいです。僕たち自身が新選組と同じように、ゼロからつくり上げてきて、今こうして夢をかなえつつある中にいるので、その夢をお客さまもどうか一緒に観ていただけたらうれしいです。楽しみにしていてください!

■荒牧慶彦 沖田総司役
稽古から1カ月、僕らが積み重ねてきたものをこのゲネプロで最終調整できたと思います。あとはここから、おのおのが必要なことを確認しつつ、初日に臨んでいければと思います。前回の「黎明録」から参加させていただいてますが、この「新選組奇譚」は、前作からの流れを引き継いでいるような作品なので、僕らが「黎明録」で築き上げた新選組がどのように終わっていくのか。それをきっちりと最後まで沖田総司として、新選組の一人の人間としてしっかりと見届けたいと思っています。今作は、隊士それぞれの見せ場が各所に散りばめられていますので、ぜひ、その一つひとつをお見逃しなく、しっかり見届けてもらえればと思います。

■橋本祥平 斎藤一役
稽古初日から結構急ぎ足でつくり続けてきた、ミュージカル『薄桜鬼 新選組奇譚』が、やっとここで完成したんだなと、今、ちょっとホッとした気持ちになっています。ここからさらに気を引き締め頑張っていきます。みんなそれぞれスタートの違うところから集まって、この「新選組奇譚」に挑むのですが、みんなとの出会いの中で、ミュージカル『薄桜鬼』の歴史というものを感じました。みんなすぐ仲良くなれて、やっぱり幸せなカンパニーってずっと続いていくものなんだなぁと思いました。今回はこのメンバーでまた新たなミュージカル『薄桜鬼』をお届けしたいです。今回は「○○篇」という形ではないので、それぞれの役に見せ場があって、それぞれにゲームで言う“桜がフワッとなるところ”の(笑)、千鶴とのシーンもあります。みなさんには“THE 薄桜鬼”という作品をお楽しみいただけたらと思います。

東京公演は11日(月・祝)まで。大阪公演は、15日(金)から17日(日)まで、大阪メルパルクホールにて行われる。なお、17日の大千秋楽後の21:00からは、11日の東京公演千秋楽の模様を収めた映像が、ニコニコ生放送で配信される。詳細は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 『薄桜鬼 新選組奇譚』開幕 1
  • 『薄桜鬼 新選組奇譚』開幕 2
  • 『薄桜鬼 新選組奇譚』開幕 3
  • 『薄桜鬼 新選組奇譚』開幕 4
  • 『薄桜鬼 新選組奇譚』開幕 5 左から、橋本祥平、鈴木勝吾、松田岳、藤社優美、荒牧慶彦

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7855