ナオト・インティライミ&小関裕太W主演 ミュージカル『DNA-SHARAKU』が上演中 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『DNA-SHARAKU』開幕 1 左から新妻聖子、ナオト・インティライミ、小関裕太、田野優花、藤岡正明

▲ 左から新妻聖子、ナオト・インティライミ、小関裕太、田野優花、藤岡正明

拡大する

『DNA-SHARAKU』開幕 2

拡大する

『DNA-SHARAKU』開幕 11 左から朝海ひかる、中川晃教、ナオト・インティライミ、イッセー尾形、小関裕太、ミッツ・マングローブ、新妻聖子

▲ 左から朝海ひかる、中川晃教、ナオト・インティライミ、イッセー尾形、小関裕太、ミッツ・マングローブ、新妻聖子

拡大する

このほかの写真も見る

ナオト・インティライミ&小関裕太のW主演で送るミュージカル『DNA-SHARAKU』が、10日より新国立劇場 中劇場で上演中。その初日を前に、公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

本作は、2016年の現在と、人工知能が人間の知能を超えると言われている2045年、そして、人工知能が完全に人間を支配し“創造する心”や“芸術”を根絶しようとしている2116年の未来、さらに、謎の絵師・東洲斎写楽が登場する1793年という、4つの時代を行き来する“SF歴史スぺクタクルミュージカル”。“創造する心”根絶しようとする人工知能と、それに立ち向かう人びとの姿が、最新の技術を駆使した映像と、オリジナル楽曲とともに描かれる。

初日を前にした心境を問われるとナオトは「武者震いが止まらない。いよいよ稽古を重ねてきた成果を出すぞと、(サッカーの)試合前日のような気持ち」と気合いを見せると、小関は「稽古場では観られなかった映像とか照明とか、周りからの力が強いので、すごいものになってます」と、仕上がりに胸を張った。

2116年の未来社会で、新妻聖子演じるハルの“母親”を演じるミッツ・マングローブ「昨年の初詣で間違えて、安産の神様にお参りしちゃったんですけど、おかげで母親役が回ってきた。意外と神様バカにしちゃダメですよ(笑)」と笑いを取った。初舞台・初ミュージカルへの挑戦となったミッツだが、報道陣から歌を評価されると「ひょっとしたら生まれ持った才能かも? のびのびできてるので、これに味をしめて……、あら、失笑されたわ」と苦笑した。

新妻たちと同じく2116年の未来で、人工飼育された男・存人(あると)を演じる中川晃教は「少し実感を持てる、近未来の内容だからこそ、いろいろなことを感じたり考えたりしながら、歌に芝居に集中することができています」と手応えを感じている様子だ。

一方、江戸時代の花魁・小紫を演じる朝海ひかるは「日本の江戸の小粋さおしゃれさかっこよさを皆さんにお伝えできればと思っています」と意気込んだ。また、花魁ならではの豪華な衣裳を身にまとった朝海は「花魁道中をさせていただくんです。かつらと着物で相当重いのですが、宝塚で羽を背負って、鍛えておいてよかったです(笑)」と笑顔を見せた。

江戸時代の版元・蔦屋重三郎を演じるイッセー尾形は「ミュージカルは初めてですけど、音楽の人たちはすごく純粋で、パワーがあって毎日稽古に行くのが楽しい。お客さんと一緒に楽しめるのを待ち望んでいます」と公演に向けての期待を語った。

ミュージシャンとして活躍するナオトに「舞台とライブの違いは?」という質問が飛び出すと、「まだ始まってないから分からないけど(笑)、きっと全然違うでしょうね。自分のライブでは好き勝手やってますので……」とコメント。これに中川は「やってください! (好き勝手やって)ナンボのもんですよ! 僕たち何がきてもOKですよね?」と、頼もしい言葉でナオトをサポートした。

なお、劇中にはナオトが手掛ける楽曲もあるとこのこと。ナオトは「何かコール・アンド・レスポンスがある曲を入れてくれと演出の小林(香)さんに言われまして。寝てる間も考えているような状態でしたけど、ある日、パーンとひらめいて。そこは自分のライブをやっているかのような気持ちですね」と、創作エピソードを明かした。続けて、「ミュージカルは初めてなんですけど、すごいエンターテインメントなんだとあらためて感じてますね。お芝居があって歌があって、踊りがあって、そして、さらに今回は映像があって、これはもうミュージカル以外では出せない魅力だなって思います。やってる側としても面白いし、キャストじゃなかったとしてもぜひ観に来たい」と語った。

そして、最後に「SF歴史ファンタジーですけど、今後の社会を予測した未来になっていたり、自分の中では“シリアス・フューチャー”という意味も込めたSFなのかなと考えています。皆さんの心に何かが残って、考えて、しかも感動を持って帰っていただける、そんな作品になっていますので、ぜひ劇場に遊びにきてください!」と、アピールして会見を締めくくった。

東京公演は、24日(日)まで。大阪、福岡にてツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『DNA-SHARAKU』開幕 1 左から新妻聖子、ナオト・インティライミ、小関裕太、田野優花、藤岡正明
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 2
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 3 ナオト・インティライミ
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 4 小関裕太
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 5 新妻聖子
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 6 新妻聖子(左)とミッツ・マングローブ
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 7 朝海ひかる(左)とSpi
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 8 坂元健児(左)と中川晃教
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 9 イッセー尾形
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 10 朝海ひかる
  • 『DNA-SHARAKU』開幕 11 左から朝海ひかる、中川晃教、ナオト・インティライミ、イッセー尾形、小関裕太、ミッツ・マングローブ、新妻聖子

インフォメーション


■大阪公演
2016年1月28日(木)〜31日(日)
・会場=シアターBRAVA!

■福岡公演
2016年2月6日(土)・7日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7869