落語家の桂春団治さんが死去 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

落語家の桂春団治(かつら・はるだんじ 本名:河合一=かわい・はじめ)さんが、9日、心不全のため亡くなった。85歳だった。

大阪府出身。高校を卒業後、就職するが47年に父の二代目春団治に弟子入り。小春、福団治を名乗る。59年に三代目春団治を襲名。繊細で上品な芸風で人気を博し、あまりネタ数を増やさず、厳選した演目を徹底して練り上げてきた。三代目桂米朝、六代目笑福亭松鶴、五代目桂文枝とともに「四天王」と呼ばれ、衰退しつつあった上方落語界の復興に尽力した。

78年から83年には上方落語協会会長を務め、後進の育成にも力を注いだ。

75年に芸術祭優秀賞、78年に上方お笑い大賞を受賞。98年に紫綬褒章を受章した。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7870