筧利夫主演×錦織一清演出 横浜発の新作ミュージカル『JAM TOWN』が開幕 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『JAM TOWN』開幕 1 筧利夫

▲ 筧利夫

拡大する

『JAM TOWN』開幕 15

拡大する

『JAM TOWN』開幕 16 左から東風万智子、松浦雅、筧利夫、藤井隆、水田航生

▲ 左から東風万智子、松浦雅、筧利夫、藤井隆、水田航生

拡大する

このほかの写真も見る

錦織一清原案・演出を手掛ける、横浜発の新作ミュージカル『JAM TOWN』が、13日にKAAT神奈川芸術劇場 ホールにて開幕。その初日公演を前に、公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

物語の舞台は、壊れた船を改装してつくられたとあるボート・バー。かつてヒット曲を送り出したバーのマスター・橘祐司のもとに、ある夜、泥酔した一人の少女が訪れる。彼女は、妻・マリとの離婚以来、ずっと会っていなかった娘・あゆみだった。彼女に自分が父親であることを伝えられない祐司だったが、彼は「歌手になりたい」というあゆみの夢を応援することを決める……。

キャストには主演を務める筧利夫のほか、松浦雅、水田航生、東風万智子、藤井隆と個性豊かなメンバーが集結。ポップス、ロック、ヒップホップなど多彩なジャンルの音楽や、パワフルなダンスパフォーマンなど、さまざまなエンターテインメント要素を盛り込みながら、港町・横浜に生きる人びとの出会いと別れの物語が描かれる。

14年にトライアウト公演を実施するなど、観客を巻き込んで作品をブラッシュアップするという創作過程を経てつくり上げられてきた本作。錦織は「横浜の人が大切されてるものとかこだわりにすごく興味があって、横浜に特化したものができたらと思ったのがきっかけ」と語った。

仕上がりについては「僕のわがままをキャストの皆さんに聞いていただけたのが本当にうれしかった。半月くらい前から形になりはじめていて、自分の作品だけど、その時から楽しませていただいてる」と満足そうな様子。そして、キャスト陣を「僕みたいな演出家にはぜいたく過ぎる。何もしなくてもいいような感じで得ですね」と絶賛した。

一方、主演の筧は「錦織さんが、明日を境に“世界の錦織”になるんだと、ワクワクしています。早く明日が来ないかなと思っています」と気合充分。藤井も「お稽古場でも錦織さんは自由にやらせてくれた。お客さまにどういうふうに思ってもらえるのか、早くやってみたい」と期待を寄せた。初ミュージカル挑戦となった東風万智子は「緊張しますけど、皆さんが丁寧に指導してくださったので、あとは落ち着いてできれば。とてもパワフルな作品で、これからどんどん膨らんでいくと思います」と意気込んだ。

筧が「普通のミュージカルよりもライブ感を重視していて、ミュージシャンのライブとお芝居と中間のよう。新感覚だと思います」と語る本作。バンド「ノーナ・リーヴス」や音楽プロデューサーとして活躍する西寺郷太が手掛けた、音楽も大きな見どころだ。昨年10月には、劇中曲をキャストたちが披露するライブ公演も開催されるなど、独自の展開を見せてきた本作だけに、松浦は「かなり前から取り組んでいる作品なので、自分にとっても特別な作品。音楽の雰囲気もすごく私の好み」と目を輝かせた。

稽古中のエピソードを問われると、藤井は「錦織さんが、振付の先生とディスカッションされていて、その最中にサッと踊ったのを見た時は、『あ、ニッキだ!』ってミーハーになってしまう」と告白。松浦も「ボーカルチェックをしている時に、錦織さんが舞台の真ん中で踊ってらした時には『はぁー!』ってなっちゃっいました(笑)」と興奮気味に語った。

水田は「錦織さんは役者を信じてくれて、自由にやらせてくださった。錦織さんがやることをマネするのが手っ取り早いのかもしれないけど、それを僕に任せてくれて引き出してくれたのは錦織さんの演出のおかげ」と感慨深い様子で振り返った。

また、錦織が、水田と松浦のデートシーンに触れ「僕は何も言ってないんですけど、化学反応が生まれて変わってきているのが見えてきて、本当に二人は怪しんじゃないかと思うくらい」と話すと、これに水田と松浦は「大丈夫です」と否定。松浦は「こっそり練習するタイプだから、よけいそう見えたのかも」と付け加えると、筧はプライベートについて「座長として、そういうこと(恋愛スキャンダル)がないように僕は座長の立場で目を光らせてますから!」と力強く断言。

さらに、「僕たち(夫婦役の筧と東風)もまったく付き合ってません! 僕はもうアウト(既婚者)ですから。だから舞台の上で、(東風を)抱きしめられるのはうれしくてしょうがないです! 舞台の上は合法なんで。本当に舞台って素晴らしいです!」と熱弁しメンバーを笑わせる場面もあった。

公演は30日(土)まで。

この記事の写真

  • 『JAM TOWN』開幕 1 筧利夫
  • 『JAM TOWN』開幕 2 松浦雅
  • 『JAM TOWN』開幕 3 水田航生
  • 『JAM TOWN』開幕 4 東風万智子
  • 『JAM TOWN』開幕 5 藤井隆
  • 『JAM TOWN』開幕 7 藤井隆
  • 『JAM TOWN』開幕 6
  • 『JAM TOWN』開幕 8 筧利夫(左)と東風万智子
  • 『JAM TOWN』開幕 9 水田航生(左)とMASAHARU
  • 『JAM TOWN』開幕 10 松浦雅(左)と筧利夫
  • 『JAM TOWN』開幕 11 中央は松浦雅(左)と水田航生
  • 『JAM TOWN』開幕 12 西寺郷太
  • 『JAM TOWN』開幕 13
  • 『JAM TOWN』開幕 14 中央は水田航生
  • 『JAM TOWN』開幕 15
  • 『JAM TOWN』開幕 16 左から東風万智子、松浦雅、筧利夫、藤井隆、水田航生

 

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7873