内野聖陽、大泉洋、黒木華、吉田羊らが受賞 「第39回日本アカデミー賞」優秀賞が発表に - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
映画「海難1890」メイン

▲ 「海難1890」

拡大する

映画「駆込み女と駆出し男」仮メイン

▲ 「駆込み女と駆出し男」

拡大する

「第39回日本アカデミー賞」の各部門優秀賞と新人俳優賞が、18日に発表された。主演男優賞に内野聖陽(「海難1890」)、大泉洋(「駆込み女と駆出し男)、助演女優賞に黒木華(「母と暮せば」)、吉田羊(「映画 ビリギャル」)らが選ばれた。また、協会栄誉賞を仲代達矢が受賞した。

なお、優秀作品賞は「海街diary」「海難1890」「日本のいちばん長い日」「母と暮せば」「百円の恋」の5作品で、是枝裕和監督「海街diary」が、作品賞・監督賞などを含む最多12部門の優秀賞を受賞している。

各部門の最優秀賞が発表される授賞式は、3月4日(金)に開催される。

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7877