舞台版『FAIRY TAIL』宮崎秋人演じるナツのビジュアルが到着 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『FAIRY TAIL』宮崎秋人

▲ 宮崎秋人

拡大する

講談社「週刊少年マガジン」で連載中の真島ヒロの人気漫画を舞台化するライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』。本作で主人公ナツを演じる宮崎秋人のキャラクタービジュアルが到着した。

原作は、炎を自在に操る魔導士・ナツたち、魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる冒険を描いたファンタジー・アクション。06年の連載開始から人気を博し、アニメやゲームなどに幅広く展開するほか、海外からも注目されるヒット作だ。

ナツ役に挑むにあたって体づくりに取り組んだという宮崎。腹筋はいわゆる“シックスパック”を身に付け、このたび公開されたビジュアルは、炎以外はCG加工なしで仕上げられているという。

■宮崎秋人
日本のみならず世界中から愛されている「FAIRY TAIL」。これが舞台『FAIRY TAIL』ナツ・ドラグニルです。世界初上演の作品。初めて原作の看板を先頭に立って背負える喜びとプレッシャーは大きいですが、実際に衣裳に袖を通してみて、あらためて「自分が『FAIRY TAIL』のナツ・ドラグニルなんだ」と強く実感しました。皆さんの想像するナツに近づけるように、宮崎秋人がナツで良かったと言ってもらえるように頑張ります!

脚本・演出を手掛けるのは、『女海賊ビアンカ』、ライブ・スペクタクル『NARUTO−ナルト−』などを手掛けた児玉明子。共演には、白又敦、郷本直也、古谷大和、山本一慶、小野健斗、小澤廉、荒木宏文と多彩なメンバーが顔をそろえる。

インフォメーション

ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』

【スタッフ】原作=真島ヒロ「FAIRY TAIL」(講談社「週刊少年マガジン」連載) 脚本・演出=児玉明子
【キャスト】宮崎秋人(D-BOYS)/白又敦(D-BOYS)/郷本直也/古谷大和/山本一慶/小野健斗/小澤廉/荒木宏文(D-BOYS) ほか

2016年4月30日(土)〜5月9日(月)
・会場=サンシャイン劇場
・一般前売=2月28日(日)開始
・料金=全席指定7,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7883