人気乙女ゲームを舞台化 『アルカナ・ファミリア Valentino』が上演中 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アルカナ・ファミリア Valentino』開幕

拡大する

女性向けの人気ゲームを舞台化した『アルカナ・ファミリア Valentino』が、あうるすぽっとにて上演中だ。

地中海に浮かぶレガーロ島を舞台に、“アルカナ能力”と呼ばれるを特殊能力を持つ自警組織「アルカナ・ファミリア」の活躍を描いた本作。「乙女ゲーム×少年マンガ」をコンセプトとし、ゲームを中心にアニメや漫画などでも好評を博す人気シリーズとなっている。

初の舞台化となった今回。ストーリーは舞台版オリジナルのものが展開されるが、随所に原作ファンが楽しめる、さまざまな演出が盛り込まれているとのこと。さらに、エンディング部分は日替わりで、異なる演出が用意されているという。また、組織のボス・モンド役として、升毅が声の出演をしている点にも注目だ。

演出を手掛けるのは、「マルモのおきて」などの人気ドラマを手掛けた八十島美也子。八十島は「この業界10数年かかわって初めて舞台に携わりましたが、映像と違い芝居をグループショットの中で付けるのに時間が掛かり、キャストにもたくさんアイディアなどをお借りしました。ここからは皆が皆を信じて演じる時間です。私の想像を超えた心打つ芝居、期待しています」とキャストへ向けてメッセージを送っている。

公演は27日(水)まで。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7894