『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンがニューヨークで上演 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『シカゴ』宝塚OG 2016 メインビジュアル

拡大する

このほかの写真も見る

宝塚歌劇100周年記念として14年に上演されたミュージカル『シカゴ』の宝塚歌劇OGバージョンが、ニューヨークで上演されることとなった。宝塚歌劇は、89年に同市のラジオシティ・ミュージック・ホールで公演を行なっているが、今回はOGによる初の海外公演となる。

同公演は、7月開催のリンカーン・センター・フェスティバルの一環として行われるもの。主要メンバーは、ビリー役(トリプルキャスト)の峰さを理、麻路さき、姿月あさと、ヴェルマ役(トリプルキャスト)の和央ようか、湖月わたる、水夏希、ロキシー役(Wキャスト)の朝海ひかる、大和悠河に決まった。

ニューヨーク公演のほか、神奈川、東京、大阪を巡るツアーが行われる。

■峰さを理 ビリー・フリン役(トリプルキャスト)
『シカゴ』のビリーを再び演じることができるとは……。一昨年の緊張感と、楽しかった思い出がよみがえります。わくわくしています。宝塚在団中は、海外公演にご縁がなかったので、ニューヨークで公演できること、お客さまの反応、楽しみです。しっかり取り組みたいと思います。

■麻路さき ビリー・フリン役(トリプルキャスト)
『シカゴ』再演のお話を伺い、身体の底から震えがきました。大好きなビリー役を再びやらせていただける喜び! それにプラスニューヨーク公演の驚き! このチャンスをいただけて幸せです。今私が言える一言「ベストを尽くし頑張ります」

■姿月あさと ビリー・フリン役(トリプルキャスト)
『シカゴ』再演に参加させていただくことになり、ニューヨークでの公演もあり、貴重なこの時間を大切に過ごしたいと思います。

■和央ようか ヴェルマ・ケリー役(トリプルキャスト)
前回に引き続き、出演させていただけることうれしく思います。私にとっては今回で3回目のヴェルマ役となりますが、現在の生活の拠点としているニューヨークでも公演をさせていただけることがとてもうれしく誇りに思います。精いっぱい頑張ります。

■湖月わたる ヴェルマ・ケリー役(トリプルキャスト)
繊細で美しく、格好良さを極めた世界初女性だけの『シカゴ』ニューヨーク公演に参加させていただけてうれしいです! 皆さまに宝塚OGならではの魅力をお伝えできるよう頑張ります!

■水夏希 ヴェルマ・ケリー役(トリプルキャスト)
2014年『シカゴ』にヴェルマとして出演できるなんて夢のようでした。稽古初日に演出家から「ようこそ、CHICAGO Familyへ」との言葉をいただき、鳥肌が立ったことを昨日のことのように思い出せます。そして、今回は本場ブロードウェイでの公演! かなわぬ夢を妄想していただけの過去の自分を脱ぎ捨て、できる限りの挑戦をして世界初、女性だけの『シカゴ』を成功させたいと思います!

■朝海ひかる ロキシー・ハート役(Wキャスト)
再び『シカゴ』の世界を生きることができ本当に幸せです。今回はニューヨークでの公演もあると聞きさらに興奮しております。初めてのニューヨーク! 最高に楽しみたいと思います。All That Jazz!

■大和悠河 ロキシー・ハート役(Wキャスト)
大好きなロキシーを演じるられることを心からうれしく思います。昨年ニューヨークで観劇した時に、ロキシーが投げたバラをキャッチしました。今年は私が舞台から愛を込めてお届けします。ぜひ!皆さん!ニューヨークでも私のバラをゲットしてくださいね。

この記事の写真

  • 『シカゴ』宝塚OG 2016 メインビジュアル
  • 『シカゴ』宝塚OG 2014 1
  • 『シカゴ』宝塚OG 2014 2
  • 『シカゴ』宝塚OG 2014 3
  • 『シカゴ』宝塚OG 2014 4
  • 『シカゴ』宝塚OG 2014 5
  • 『シカゴ』宝塚OG 2014 6
  • 『シカゴ』宝塚OG 2014 7

インフォメーション

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョン

【スタッフ】音楽・脚本・作詞=ジョン・カンダー&フレッド・エッブ 脚本・初演版演出・振付=ボブ・フォッシー 演出=ウォルター・ボビー 振付=アン・ラインキング
【キャスト】峰さを理、麻路さき、姿月あさと(トリプルキャスト)/和央ようか、湖月わたる、水夏希(トリプルキャスト)/朝海ひかる、大和悠河(Wキャスト) ほか

■神奈川公演
2016年7月12日(火)〜15日(金)
・会場=KAAT 神奈川芸術劇場

■ニューヨーク公演
2016年7月20日(水)〜24日(日)
・会場=デビット・H・コーク・シアター
*「Takarazuka Encor」(約15分間の特別レビューを本編終了後に予定)あり

■東京公演
2016年8月10日(水)〜21日(日)
・会場=東京国際フォーラム ホールC

■大阪公演
2016年8月25日(木)〜31日(水)
・会場=梅田芸術劇場メインホール

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7895