ゴールデンボンバー・喜矢武豊主演×手塚治虫原作 舞台『GOKU』が2月に上演 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『GOKU』ビジュアル

拡大する

『GOKU』キャストビジュアル

拡大する

「ゴールデンボンバー」の喜矢武豊が主演を務める舞台『GOKÛ』が、2月16日(火)より、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。

昨年の『ふしぎ遊戯』で初舞台・初主演を果たした喜矢武。今回は、「西遊記」をベースにした手塚治虫の漫画「ぼくの孫悟空」を原作とした本作で、孫悟空役に挑戦する。共演には、月船さらら、みのすけ、土屋裕一、佐々木喜英、大沢逸美、西岡徳馬など、バラエティー豊かなメンバーが集結する。

演出は、ライブ・スペクタクル『NARUTO−ナルト−』などを手掛けた児玉明子が務める。

インフォメーション

【お詫びと訂正】
*記事初出時、喜矢武豊さんのお名前に誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7909