松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ出演 NODA・MAP『逆鱗』が開幕 - 2016年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
NODA・MAP『逆鱗』開幕 11 瑛太(左)と松たか子

▲ 瑛太(左)と松たか子

拡大する

このほかの写真も見る

野田秀樹が作・演出を手掛けるNODA・MAP最新作『逆鱗』が、本日29日に東京芸術劇場 プレイハウスで開幕。その初日公演に先立って、公開舞台稽古が行われた。

今回、野田がモチーフに選んだのは“人魚”。キャストには、NODA・MAPには7年ぶりの出演となる松たか子、13年の『MIWA』に続き2度目の出演となる瑛太&井上真央、そして、『透明人間の蒸気』以来、12年ぶりに野田作品へ参戦する阿部サダヲのほか、池田成志、銀粉蝶、NODA・MAP初参加となる満島真之介と豪華なメンバーが集結した。

物語は、イルカショーならぬ“人魚ショー”を立ち上げようとする海中水族館を舞台に展開。人魚と出会う青年モガリ(瑛太)や人魚を引き揚げる“潜水鵜”となるサキモリ(阿部)の物語と、松扮する人魚により語られる昔話が、時間と空間を超えて交錯していく。水族館と海底を行き来してスピーディーに展開される舞台で、キャストたちが緩急自在に巧みな掛け合いを繰り広げる中、やがて、彼らの物語は、水族館館長(池田)や、人魚の秘密を探ろうとする研究者・鵜飼ザコ(井上)らの思惑を絡めながら、深い深い海の底へと潜り込んでいく……。

東京公演は、3月13日(日)まで。その後、大阪・シアターBRAVA!、福岡・北九州芸術劇場 大ホールでのツアー公演が行われる。前売は残念ながら全日程完売となってしまったが、全日程当日券は用意されるとのことだ。

なお、2月2日(火)発売の本誌「シアターガイド」3月号では、巻頭特集で本作を紹介している。松、瑛太、井上、阿部が顔をそろえた座談会と、野田のインタビューから作品に迫る内容となっている。公演と併せてぜひ本誌もチェックしていただきたい。

この記事の写真

  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 11 瑛太(左)と松たか子
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 1 松たか子
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 2 銀粉蝶(左)と阿部サダヲ
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 3 阿部サダヲ
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 5 瑛太
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 5 阿部サダヲ(左)と瑛太
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 6 瑛太(左)と井上真央
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 7 満島真之介(左)と池田成志
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 8 井上真央(左)と野田秀樹
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 9
  • NODA・MAP『逆鱗』開幕 10 左から銀粉蝶、松たか子(手前)、瑛太

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7910