代々木アニメーション学院が劇場運営 天王洲 銀河劇場が17年4月より天王洲 YOANI劇場に - 2016年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
銀河劇場 YOANI劇場 内観

拡大する

銀河劇場 YOANI劇場 外観

拡大する

「天王洲 銀河劇場」が、17年4月1日より「天王洲 YOANI劇場」として、アニメーション専門校・代々木アニメーション学院により運営されることとなった。

92年に「アートスフィア」として開館した同劇場。06年からはホリプロにより「天王洲 銀河劇場」として運営されてきた。このたび、代々木アニメーション学院を運営する株式会社代々木ライブ・アニメイションとその親会社・株式会社キョウデンエリアネットが、同劇場を取得。YOANI劇場として新たにスタートすることとなる。

劇場では、これまで通りの営業公演に加えて、代々木アニメーション学院と協力関係各社による、2.5次元ミュージカルなどの公演を予定。また、公演に同学院の学生を多数出演させることで、プロとしての本番練習経験を積ませるほか、さまざまなな上演作品とのコラボレーションを進め、アニメーション制作やマンガ制作などにおける学生の活躍の場も広げてくという。

代々木アニメーション学院は、日本初のアニメーション専門校として78年に創立。東京、大阪など全国8カ所に展開し、声優や漫画家、アニメーター、イラストレーターなど、さまざまな分野のクリエーターを輩出している。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7918