小池徹平&三浦春馬主演でブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が日本初演 - 2016年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『キンキーブーツ』小池徹平(左)と三浦春馬

▲ 小池徹平(左)と三浦春馬

拡大する

『キンキーブーツ』ブロードウェイ公演 1

▲ ブロードウェイ公演より

拡大する

このほかの写真も見る

トニー賞を受賞したブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が、小池徹平&三浦春馬を主演に迎え上演される。

シンディ・ローパーが楽曲を手掛け、05年のイギリス映画をミュージカル化した本作。物語は、イギリスの田舎町ノーサンプトンにある老舗の靴工場「プライス&サン」を舞台に展開する。父の急死から工場を継ぐことになった4代目チャーリー・プライスは、倒産寸前の状況を打開するため、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラにヒントを得て、危険でセクシーなドラァグクイーンのためのブーツ“キンキー・ブーツ”をつくることを決意。型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとのあつれきの中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出そうとするのだが……。

チャーリーがローラと出会い、差別や偏見を捨てて工場を再生させる過程を描いた本作。パワフルな楽曲とパフォーマンスで好評を博し、13年のトニー賞では、作品賞や楽曲賞、主演男優賞など計6部門を獲得した。

日本人キャストで初上演される今回。優柔不断な工場の4代目チャーリーを小池、彼とタッグを組むドラァグクィーンのローラを三浦が、それぞれ演じる。三浦は、本作の出演決定を受けて、ニューヨークに渡り、シンディのボイストレーナーによるボーカルレッスンを受け、シンディから直接アドバイスももらったという。

そのほかキャストには、ヒロインで工場の従業員ローレンを演じるソニン、チャーリーのフィアンセ・ニコラを演じる玉置成実など、オーディションで選ばれたメンバーたちが集結する。

■小池徹平 チャーリー・プライス役
ブロードウェイミュージカルの名作に挑戦させていただけること、今からとてもワクワクしています。楽曲も素敵で、岸谷さんと初めてご一緒出来ることもすごく楽しみです。豪華なキャストの皆さんとともに、また、新たなる自分の発見、そして進化できるように、引き締めて頑張りたいと思います!

■三浦春馬 ローラ役
2013年夏、ブロードウェイで観劇し、強くあこがれた役を演じることができ、とてもうれしく思います。と同時に、大きなプレッシャーも感じていますが、自分が本国の劇場で包まれたミュージカル『キンキーブーツ』の感動を少しでもお客さまに受け渡せるよう、努力してゆきます。

この記事の写真

  • 『キンキーブーツ』小池徹平(左)と三浦春馬
  • 『キンキーブーツ』ブロードウェイ公演 1
  • 『キンキーブーツ』ブロードウェイ公演 2
  • 『キンキーブーツ』ブロードウェイ公演 3

インフォメーション

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

【スタッフ】脚本=ハーヴェイ・ファイアスタイン 音楽・作詞=シンディー・ローパー 演出・振付=ジェリー・ミッチェル 日本版演出協力・上演台本=岸谷五朗 訳詞=森雪之丞
【キャスト】小池徹平/三浦春馬/ソニン/玉置成実/勝矢/ひのあらた/飯野めぐみ/白木美貴子/施鐘泰(JONTE)/穴沢裕介/森雄基/風間由次郎/森川次朗/遠山裕介/浅川文也/佐々木誠/高原紳輔/中村百花/丹羽麻由美/舩山智香子/清水隆伍/加藤潤一 ほか

■東京公演
2016年7月21日(木)〜6日(土)
・会場=新国立劇場 中劇場
・一般前売=4月9日(土)開始
・料金=全席指定S席13,500円/A席12,000円

■大阪公演
2016年8月13日(土)〜22日(月)
・会場=オリックス劇場

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7941