黒柳徹子主演海外コメディー・シリーズ最新公演は、麻実れいを迎え『レティスとラベッジ』を上演 - 2016年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『レティスとラベッジ』黒柳徹子(左)と麻実れい

▲ 黒柳徹子(左)と麻実れい

拡大する

黒柳徹子が主演を務める「海外コメディ・シリーズ」の第30弾公演『レティスとラベッジ』が、10月にEX THEATER ROPPONGIにて上演される。

本作は、『アマデウス』『エクウス』などで知られる作家ピーター・シェーファーによる傑作コメディー。勝手に面白おかしく尾ひれを付けて説明をしてしまうおしゃべりな観光ガイド・レティスと、歴史保存委員会の堅物職員ロッテのバトルが繰り広げられる。

シリーズ1作目として89年に日本初演され好評を博した本作。以降、27年にわたり続くシリーズのスタート地点となった記念すべき作品だ。今回は、初演で山岡久乃、再演(00年)で高畑淳子が演じたロッテ役には麻実れいを迎え、リニューアル上演される。

インフォメーション

『レティスとラベッジ』

【スタッフ】作=ピーター・シェーファー 訳=黒田絵美子 演出=高橋昌也 演出補=前川錬一
【キャスト】黒柳徹子/麻実れい/団時朗 ほか

2016年10月1日(土)〜16日(日)
・会場=EX THEATER ROPPONGI

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7957