体感型ファンタジーショー『スラバのスノーショー』が今夏再来日 - 2016年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『スラバのスノーショー』1

拡大する

『スラバのスノーショー』2

拡大する

このほかの写真も見る

14年に上演されたファンタジーショー『SLAVA'S SNOWSHOW スラバのスノーショー』が、今夏、再び日本で上演される。

本作は、世界的クラウン(道化師)、スラバ・ポルニンが創作・演出する“体感型ファンタジーショー”。出演するのは、動きと表情だけで喜怒哀楽を表現するクラウンのみ。クラウンたちの観客を巻き込んだ掛け合いや、蜘蛛の巣や紙吹雪が客席を覆い尽くす演出で、観客を圧倒する。93年の初演以降、ローレンス・オリヴィエ賞など、世界で15以上の国際演劇賞を受賞し、30カ国以上、120を超える都市で500万人以上を動員。日本には14年に初上陸した。

2年ぶりの来日となる今回。スペシャルサポーターに、ハリセンボン、プリンセス天功。石井一久が就任。前回、日本公演を観劇したプリンセス天功、石井が、再来日に向けてコメントを寄せた。

■プリンセス天功
群を抜いた高い技術を持ったキャストが“魅せて”くれるんです。シュールなシーンや、時には涙が出そうになるシーン。いろいろな感情を呼び起こされます。最後はすごく温かい気持ちになる。それが、『スノーショー』です。今夏、また日本で会えることを楽しみにしています。

■石井一久
楽しかったり、人を魅了するショーだと思います。舞台に集中させる、ひきつける演出力がすごいです。言葉以上に、演技・色使い・セットで喜怒哀楽を観る人に分かりやすく表現されていて、大人・子ども問わずさまざまな方々を魅了できるものが『スラバ〜』にはあります。僕が語るより、とりあえず来てください!

この記事の写真

  • 『スラバのスノーショー』1
  • 『スラバのスノーショー』2
  • 『スラバのスノーショー』3
  • 『スラバのスノーショー』4
  • 『スラバのスノーショー』5
  • 『スラバのスノーショー』6
  • 『スラバのスノーショー』7
  • ハリセンボン
  • プリンセス天功
  • 石井一久

インフォメーション

『SLAVA'S SNOWSHOW スラバのスノーショー』

■大阪公演
2016年7月15日(金)〜26日(火)
・会場=森ノ宮ピロティホール
・一般前売=3月26日(金)開始
・料金=全席指定8,500

■東京公演
2016年7月30日(土)〜8月14日(日)
・会場=THEATRE1010
・一般前売=3月26日(金)開始
・料金=全席指定S席(1階席)8,500円/A席(2階席)6,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8223