柚希礼音主演×G2演出『ミュージカル バイオハザード』が今秋上演 - 2016年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『バイオハザード』柚希礼音

▲ 柚希礼音

拡大する

元宝塚歌劇団星組トップスター・柚希礼音が主演を務める『ミュージカル バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』の上演が決定した。

退団後、ハロルド・プリンスの最新作『プリンス・オブ・ブロードウェイ』への出演や、ソロコンサート『REON JACK』の開催と精力的に活動している柚希。このたび、脚本・演出のG2とタッグを組み、退団後初のミュージカル主演に挑戦する。

原作は、ウィルス汚染から発生したゾンビやモンスターたちと戦いを繰り広げるCAPCOMのホラー・アクション・ゲーム。96年の第1作発売からシリーズ累計6,600万本を売り上げ、ミラ・ジョボビッチ主演のハリウッド映画版でも人気を博す世界的ヒット作だ。

■G2(脚本・演出)
“後に何も残らない”ミュージカル・アクション・ホラーには
したくありません。“ゾンビによる命の危機”というテーマは、サスペンスとしては強力な設定ですが、“危機を回避したり、武器で相手をやっつけたりするばかりの物語”では、愛と希望を描き出すことは困難です。これはミュージカル。怒りや不安、恐怖を歌にすることもできますが、なんといっても歌の持つ最大の力は、愛と希望を表現した時に発揮されます。本ミュージカルは、ゾンビやウィルスなどの脅威との戦いを通して、人間が持つ愛と希望を歌い上げる作品を目指します。

■柚希礼音
退団後、初の主演ミュージカル作品として、『ミュージカル バイオハザード』に出演いたします。この作品を演じるにあたり、オリジナリティーのある役どころ、強くてカッコいい女性、ハードなアクションとスピーディーな展開を大切にしながら、これまでにない新しい柚希礼音、常に新しい挑戦をし続ける姿をお届けできるよう取り組みます。そして、この作品を観終わった後に、お客さまがそのハードな作品面だけではなく、大きな愛と勇気を感じていただけるような作品にしたいと思います。どうぞご期待ください。

インフォメーション

『ミュージカル バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』

【スタッフ】原作=CAPCOM(ゲーム「BIOHAZARD」) 監修=小林裕幸(CAPCOM) 脚本・演出=G2
【キャスト】柚希礼音 ほか

■東京公演
2016年9月30日(金)〜10月12日(水)
・会場=赤坂ACTシアター

■大阪公演
2016年11月11日(金)〜16日(水)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール

・一般前売=6月末開始予定

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8270