志田未来、鈴木杏、田畑智子、斉藤由貴が舞台初共演 蓬莱竜太×栗山民也の新作がPARCO劇場で7月に上演 - 2016年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『母と惑星〜』上段左から志田未来、鈴木杏、下段左から田畑智子、斉藤由貴

▲ 上段左から志田未来、鈴木杏、下段左から田畑智子、斉藤由貴

拡大する

蓬莱竜太作×栗山民也演出のタッグによる新作『母と惑星について、および自転する女たちの記録』が、7月にPARCO劇場にて上演される。

突然の母の死後、あてのない旅に出た三人姉妹の姿が描かれる本作。徹底的に放任され、父親を知らずに育った姉妹の中によみがえる、それぞれの母の記憶がつむがれる。母親は自分たちにとって何だったのか? 自分たちはこれからどこに向かえばいいのか? 古い自分と決別し、新たなスタートを切ろうとする三姉妹を通して、人生を選択し、生きていくことの難しさや尊さを浮かび上がらせる。

キャストには、三女役・志田未来(『オレアナ』)、次女役・鈴木杏(『SISTERS』『新・幕末純情伝』)、長女役・田畑智子(『夜叉ヶ池』)が、母親役・斉藤由貴(『君となら』『紫式部ダイアリー』)と、同劇場にゆかりのある女優が集結。本作で舞台初共演を果たす。

インフォメーション

パルコ・プロデュース公演
『母と惑星について、および自転する女たちの記録』

【スタッフ】作=蓬莱竜太 演出=栗山民也
【キャスト】志田未来/鈴木杏/田畑智子/斉藤由貴

■東京公演
2016年7月7日(木)〜31日(日)
*7日はプレビュー公演
・会場=PARCO劇場
・一般前売=5月14日(土)開始
・料金=全席指定7,800円/U-25チケット4,000円(25歳以下対象、当日引換、要身分証、ぴあのみ取扱)、プレビュー公演7,000円

*宮城、新潟、福岡、大阪ほかにてツアー公演を予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8289