市川猿之助が宙乗り800回達成 『ワンピース』博多座公演が開幕 - 2016年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ワンピース』博多座開幕 1 市川猿之助

▲ 博多座公演より、市川猿之助

画像を見る(全4枚)


尾田栄一郎の大ヒット漫画を、市川猿之助主演で歌舞伎化したスーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』。本作の博多座公演が、2日に開幕し、その初日公演で猿之助が宙乗り800回を達成した。

早替わり、宙乗り、本水、フライングなど、猿之助曰く「考える暇を与えない演出」で観客を圧倒し、好評を博した本作。今年3月に大阪松竹座ではエース役を務める平岳大ら新キャストを迎え、演出もバージョンアップされている。

そしてこのたび、最終公開地点となる博多座での公演が開幕した。博多座では、2月末より開館16年目にして初の長期休館と館内リニューアルを実施。最新鋭の音響・照明機材の導入や宙乗り設備の設置、売店の一新など、準備万端の状態で『ワンピース』を迎え入れた。

博多座初日を迎えた、猿之助、平のコメントは以下の通り。

■市川猿之助 ルフィ/ハンコック/シャンクス役
東京、大阪でも大入りの『ワンピース』でした。博多座公演でもきっと入手困難になると思います。大阪公演から新たな演出を加えましたが、リニューアル後の博多座にふさわしく福岡公演では、さらに演出を足しました。自画自賛ですが素晴らしい作品に仕上がったと思います。博多公演の初日に800回を狙った訳ではないですが、運命的な物を感じます。伯父の記録を達成するには、あと4,200回宙乗りしなければいけないので……(笑)、まだまだ遠く及びません。800回を博多座で迎えたことは、一生忘れないと思うので良い時期に公演を迎えられて良かったと思います。『ワンピース』の宙乗りはアトラクションのような宙乗りになっています。お客さまが総立ちで手拍子をしている姿は圧巻! いつも絶景を楽しんでいます。特に博多座は広さがあるため、吊られて非常に気持ちの良い劇場です。私は日本の劇場の中で一番好きです。

■平岳大 エース役
大阪からの参加ですが回数を重ねるたびに芝居が変わっていくので見どころは言い尽くせないくらいたくさんあります。一度観た方も福岡公演もぜひ観ていただきたいと思います。次回はぜひ猿之助さんと一緒に宙乗りをしたいですね(笑)。

公演は26日(火)まで。

この記事の写真

  • 『ワンピース』博多座開幕 1 市川猿之助
  • 『ワンピース』博多座開幕 2 市川猿之助
  • 『ワンピース』博多座開幕 3 平岳大(奥)と市川猿之助(手前中央)
  • 『ワンピース』博多座開幕 4 中村隼人(左)と坂東巳之助

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8315