古川雄大&大野拓朗、生田絵梨花&木下晴香らが出演 『ロミオ&ジュリエット』17年公演メインキャストが発表に - 2016年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『ロミオ&ジュリエット』上段は古川雄大(左)と大野拓朗、下段は生田絵梨花(左)と木下晴香

▲ 上段は古川雄大(左)と大野拓朗、下段は生田絵梨花(左)と木下晴香


ジェラール・プレスギュルヴィック作・音楽&小池修一郎潤色・演出のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』が17年1月に上演決定。本作のメインキャストが発表された。

宝塚歌劇団での上演や、フランス版の来日公演などで好評を博している本作。日本版は、11年に初演され、13年の再演から4年ぶりの上演となる。今回はキャストを一新。ロミオ役は、前回から続投の古川雄大と、12年の『エリザベート』以来5年ぶりのミュージカル出演で初主演となる大野拓朗に決まった。

そして、ジュリエット役には『虹のプレリュード』『リボンの騎士』で主演した乃木坂46の生田絵梨花と、テレビ番組「全日本歌唱選手権 歌唱王2015」決勝戦に出場した新人・木下晴香が挑む。

■小池修一郎
古川雄大君は再挑戦ですが、大作への出演が続いているので、今回は自分なりのロミオ像を完成させてくれるでしょう。大野拓朗君はミュージカル『エリザベート』の後、4年間秘かに歌のレッスンを重ねてきたというミュージカルへの情熱がオーディションで感じられ、リベンジのチャンスを勝ち取りました。生田絵梨花さんはトップアイドルにも関わらず、本格的な音楽の勉強を続けていて、ミュージカル女優としての開花に大いに期待しています。木下晴香さんは、テレビの歌番組で見て高校生ながら突出した歌唱力と新鮮さに懸けました。

インフォメーション

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

【スタッフ】原作=W.シェイクスピア 作=ジェラール・プレスギュルヴィック 潤色・演出=小池修一郎

■ロミオ Wキャスト
古川雄大大野拓朗

■ジュリエット Wキャスト
生田絵梨花(乃木坂46)、木下晴香

■ベンヴォーリオ Wキャスト
馬場徹矢崎広

■マーキューシオ Wキャスト
平間壮一小野賢章

■ティボルト
渡辺大輔広瀬友祐

■死 Wキャスト
大貫勇輔宮尾俊太郎(Kバレエカンパニー)

■キャピュレット夫人
香寿たつき

■乳母
シルビア・グラブ

■ロレンス神父
坂元健児

■モンタギュー卿
阿部裕

■モンタギュー夫人
秋園美緒

■パリス
川久保拓司

■大公
岸祐二

■キャピュレット卿
岡幸二郎

■東京公演
2017年1月15日(日)〜2月14日(火)
・会場=赤坂ACTシアター
・一般前売=8月27日(土)開始予定
・料金=全席指定S席13,000円/A席9,000円/B席5,000円

■大阪公演
2017年2月22日(水)〜3月5日(日)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・一般前売=10月開始予定
・料金=全席指定S席13,000円/A席9,000円/B席5,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8325