佐野瑞樹&大樹×ロンブー田村亮 WBB『懲悪バスターズ』製作発表会 - 2016年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


WBB『懲悪バスターズ』会見 左から佐野大樹、田村亮、鈴木勝吾、土屋佑壱

▲ 左から佐野大樹、田村亮、鈴木勝吾、土屋佑壱


ジャニーズ事務所所属の俳優・佐野瑞樹と、演劇ユニット*pnish*のリーダー・佐野大樹による兄弟演劇ユニット「WBB」。彼らの第10回公演『懲悪バスターズ』の製作発表会が都内で行われた。

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村亮が参戦する今回の公演。田村は「自分の劇団を8年くらいやっているんですけど、同じメンバーでやっているとどうしても、なあなあなところが出てきてしまって。僕一人でどこかに出られないかと考えていた時に、WBBさんからお話をいただいたんです」ときっかけを明かした。

田村を迎える側となる瑞樹は、「初めはオファーを受けてくださったのが信じられなくて、本当に田村亮さん?って(笑)。実際に決まった時には衝撃を受けましたね」と振り返り、大樹は「本職がお笑いなので、やはり間とか、言い方とかは、面白いものを出してきてくれるんじゃないかなと期待していますし、僕も学びたいと思ってます」と今後の創作に期待を寄せた。

兄弟自身が交互に企画を担当し奇数回・偶数回で異なったカラーの作品を送る彼ら。偶数回となる今回は、弟・大樹が企画を手掛ける通称「Side-B」だ。イタズラで人びとを怖がらせる悪霊たちと、彼らを退治しようとする天才科学者の対決を描いた、“大樹ワールド全開”のコメディー作品になるようだ。

兄弟ユニットという独自の活動を続ける佐野兄弟。ユニットの魅力を問われ、大樹は「兄でもあり、この世界の先輩でもあるというのが大きくて、僕は尊敬してます。ものづくりに対してのシビアさやこだわりをすごく感じますね。そこを負けないように頑張りたいです」と語ると、瑞樹は「ほかの人にはなかなか本心を話せなかったり、普通は面と向かって言えないようなことを言えるのは、兄弟ならではだと思います。そういう意味ではシビアに作品に取り組んでいけるので、やはり兄弟であるメリットは大きいなと思います」と魅力を述べた。

そのほか会見での主なコメントは以下の通り。

■佐野瑞樹 館合役
館合(たてあい)という科学者役です。偏屈な天才という役なので、“天才とはなんぞや”というところで、いろいろと天才について考えました。最終的には(ドラマの)「ガリレオ」を1話から見直そうかなと(笑)。それを見ながらパクろうかなと(笑)。芝居は福山雅治さんと、うり二つになる可能性がありますね(笑)。

■田村亮(ロンドンブーツ1号2号) レイブン役
悪霊のレイブン役です。落ちこぼれの悪霊ということなので、あまり役づくりをせずに、地でいけるかなと思ってます(笑)。まず、客演というのが初めてで、人のところにお邪魔するという形なので、とりあえず足を引っ張らないようにと。舞台の演出の人はすぐ灰皿を投げると聞いているので、灰皿を投げられないように頑張りたいなと思ってます(笑)。
(大樹から「投げません(笑)。最近の稽古場はだいたい禁煙ですから(笑)」とコメント)

■鈴木勝吾 アミット役
悪霊アミット役です。僕は比較的、舞台で鬼だったり、ロボットだったり、人じゃない役を演じることが多いのですが、とうとう悪霊まできたかと思いました(笑)。今まで僕は、コメディーにあまり触れてこなかったのですが、今回は亮さんもいることですし、ファニーに思い切り演じて、楽しめるエンターテイメントをつくっていけたらなと思います。

■佐野大樹(作・演出) オーメン役
悪霊退治をするロボットのオーメン役です。今回の話は“知ること”をテーマにしています。落ちこぼれの悪霊とそれを退治する偏屈な科学者が出会って、ちょっと心がゆるんでいく、というハートフル・コメディーです。(ポスター“サイエンス×ホラー”と書いてあるが)ホラーは忘れてください(笑)。今回はホラーといっても、かわいいホラーなんです。今回は、出演もしてくださるOH-SE(電撃チョモランマ隊)さんに振付をしていただいて、悪霊の超常現象をダンスで取り入れられたらいいなと思ってます。それぞれの個性を引き立てられるようなカンパニーにしたいですね。ダンスあり、殺陣あり、派手なエンターテイメントとして「ドカン!」と打ち立てられたらいいなと思ってます。

インフォメーション

WBB vol.10
『懲悪バスターズ』


【スタッフ】作・演出=佐野大樹
【キャスト】佐野瑞樹/佐野大樹/田村亮(ロンドンブーツ1号2号)/鈴木勝吾/OH-SE(電撃チョモランマ隊)/有澤樟太郎/政岡泰志(動物電気)/原金太郎 ほか

■東京公演
2016年5月19日(木)〜22日(日)
・会場=東京芸術劇場 プレイハウス

■神戸公演
2016年5月28日(土)・29日(日)
・会場=新神戸オリエンタル劇場

各公演とも
・料金=全席指定6,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8330