「ダンガンロンパ」モノクマ役は大山のぶ代からTARAKOにバトンタッチ 6月の舞台版で初登場 - 2016年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「ダンガンロンパ」TARAKO(左)とモノクマ

▲ TARAKO(左)とモノクマ


人気ゲームシリーズ「ダンガンロンパ」に登場するキャラクター・モノクマの新ボイスキャストがTARAKOに決定。TARAKOによるモノクマは、ゲーム版・アニメ版に先駆けて、6月開幕の舞台『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜2016』で初登場する。

モノクマとは、物語の舞台となる、希望ヶ峰学園の学園長を自称する動くぬいぐるみ。生徒たちに“コロシアイ”を強要したり、どんな悲しい状況でも悪趣味な冗談を連発したりするが、そんなダークなキャラクターとは相反して、大山のぶ代の親しみのある声で演じられるというギャップで多くのファンに印象を残してきた。

このたび、大山と同じく国民的キャラクターの声を務めてきたTARAKOにバトンタッチ。これまでモノクマを演じてきた大山は「TARAKOさん、どうぞよろしくお願いいたします。モノクマはとってもかわいい良い子だから、大切にしてあげてね。これからも『ダンガンロンパ』をよろしくお願いいたします」とメッセージを送っている。

■寺澤善徳(スパイク・チュンソフトゼネラルプロデューサー)
これまで長い間、大山のぶ代さんが愛し育ててくださったモノクマですが、このたび、キャストがTARAKOさんへと交代します。モノクマというキャラクターそのものが変わるということではありません。シリーズを長きにわたり支えてくださった大山のぶ代さん演じるモノクマ。それを大切にしながらつなぐ形となるよう、TARAKOさん演じるモノクマを僕らスタッフが全力で協力していきます。大山さんがこれからも「ダンガンロンパ」の応援をしてくださるとのこと、一同、心より感謝しておりますし、何より心強く励みに思って邁進します。「ダンガンロンパ」ファンの皆さまにも、これまでと変わらぬご愛顧をたまわりますよう、お願い申し上げます。

「ダンガンロンパ」は、あらゆる分野で“超一流の才能”を持つ高校生たちが、「希望ヶ峰学園」に閉じ込められ、脱出を懸けた“コロシアイ”と、犯人を探し出すための“学級裁判”を繰り広げるという推理ゲーム。シリーズは、今後、オリジナルアニメ「ダンガンロンパ3−The End of 希望ヶ峰学園−」(7月放送予定)、新作ゲーム「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」(16年発売予定)の展開が予定されている。

インフォメーション


『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜2016』

【スタッフ】原作・企画協力=スパイク・チュンソフト シナリオ監修=小高和剛(スパイク・チュンソフト) 脚本・演出=田尾下哲 音楽=高田雅史(サウンドプレステージ)
【キャスト】本郷奏多/岡本玲/中村優一/七木奏音/松風雅也、
長田庄平(チョコレートプラネット)/松尾駿(チョコレートプラネット)、雨野宮将明/池端レイナ/宮下雄也/村田充/杉江大志/石田晴香(AKB48)、泉貴(THE HOOPERS)、森山千菜美/佐藤すみれ(SKE48)、岩田華怜(AKB48)、松田彩希/後藤郁/山崎静代(南海キャンディーズ)/神田沙也加 *一部交互出演

■東京公演
2016年6月16日(木)〜26日(日)
・会場=Zeppブルーシアター六本木
・料金=全席指定S席9,000円

■愛知公演
2016年7月1日(金)・2日(土)
・会場=東海市芸術劇場(ユウナル東海)
・料金=全席指定S席8,000円

■大阪公演
2016年7月7日(木)〜 7月10日(日)
・会場=サンケイホール ブリーゼ
・料金=全席指定S席8,000円

■神奈川公演
2016年7月14日(木)〜16日(土)
・会場=関内ホール
・料金=全席指定S席9,000円

各公演とも
・チケット発売中
・特別傍聴席(非売品上演台本+オリジナルグッズ付)12,000円あり
・パンフレット付(非売品ポストカード付)は1,500円増
・ビジュアルブック+パンフレット付(非売品ポストカード付)は4,000円増

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8354