月組次期トップスター・珠城りょう大劇場お披露目公演は『グランドホテル』 - 2016年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は、25日、17年1月からの月組の宝塚大劇場、東京宝塚劇場公演として、ザ・ミュージカル『グランドホテル』、モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン『カルーセル輪舞曲(ロンド)』を発表した。

『グランドホテル』は、1928年のベルリンを舞台に、高級ホテルを訪れた人びとが繰り広げるさまざまな人生模様を描いたミュージカル。89年にトミー・チューン演出・振付でブロードウェイにて初演され、トニー賞で5部門を獲得するなど高い評価を受けた。同歌劇団では93年に、涼風真世を中心とした月組がチューンを演出・振付に迎え上演。今回は、チューンを特別監修に迎え、月組次期トップスター・珠城りょうの大劇場お披露目公演として送る。

『カルーセル輪舞曲(ロンド)』は、日本初のレヴュー『モン・パリ』誕生から90周年を記念して、優美な華やかさの中に迫力あるダンス場面を織り交ぜて繰り広げるレヴューロマン。日本を出発しパリに着くまでを描いた『モン・パリ』に対し、パリから出発して宝塚を目指す世界巡りの形式で、珠城を中心とした新生月組のフレッシュな魅力を見せる。

インフォメーション

宝塚歌劇月組
ザ・ミュージカル『グランドホテル』
モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン『カルーセル輪舞曲(ロンド)』

【スタッフ】『グランドホテル』脚本=ルーサー・ディヴィス 作曲・作詞=ロバート・ライト/ジョージ・フォレスト 追加作曲・作詞=モーリー・イェストン オリジナル演出・振付、特別監修=トミー・チューン 演出=岡田敬二/生田大和 翻訳=小田島雄志
『カルーセル〜』作・演出=稲葉太地
【キャスト】珠城りょう/愛希れいか ほか

■兵庫公演
2017年1月1日(日・祝)〜30日(月)
・会場=宝塚大劇場
・一般前売=11月26日(土)開始

■東京公演
2017年2月21日(火)〜3月26日(日)
・会場=東京宝塚劇場
・一般前売=1月15日(日)開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8373