ミュージカル『プリシラ』山崎育三郎のドラァグクィーン姿が公開 - 2016年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『プリシラ』山崎育三郎

▲ 山崎育三郎

画像を見る(全1枚)


宮本亜門演出により、12月に日生劇場で上演されるミュージカル『プリシラ』。本作の主演を務める山崎育三郎が、ドラァグクィーンに扮した舞台衣裳ビジュアルが公開された。

1994年公開の同名映画を原作に、オーストラリアの砂漠を旅する3人のドラァグクイーンたちの珍道中を描いた本作。映画版は、その奇抜でオリジナリティー溢れる衣裳により、アカデミー賞では衣裳デザイン賞を受賞した。

ミュージカル版は、06年にオーストラリアで初演され、15カ国以上の国で上演されてきた。今回の撮影では、実際に世界各地の公演で着用された衣裳を使用。撮影は、レディ・ガガや松任谷由実などの撮影を手掛け、自身も作品の大ファンを公言する、レスリー・キーが務めた。

また、山崎とともにドラァグクィーン役を演じる陣内孝則、ユナク(超新星)&古屋敬多(Lead)のほか、和音美桜、キンタロー。、谷口ゆうならの出演が決定。さらに、実際に新宿二丁目で活動するドラァグクィーンのドリアン・ロロブリジーダも出演する。

■山崎育三郎
『プリシラ』の舞台衣裳は、ゴージャスかつ華やかで、誰もが目を見張るほどインパクトがあります。この衣裳を着てメイクをしたら自然とプリシラの世界に気持ちが入り込みました。これまでいろいろな作品で何度も撮影していただいているレスリー・キーさんのもと、スタジオでブロードウェイ版『プリシラ』の楽曲が流れる中、終始リラックスした気持ちで音楽に身を委ねながら撮影していきました。撮影した作品を見た瞬間、率直にきれいと感じたと同時に、このミュージカルが成功すると確信が持てるほど、写真に説得力を感じました。2016年最も華やかなミュージカル『プリシラ』をぜひご期待ください。

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8374