17年春に新劇場「浅草九劇」が新設 こけら落とし公演は富岡晃一郎&福原充則「ベッド&メイキングス」 - 2016年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

芸能事務所「レプロエンタテインメント」が、創立25周年プロジェクトの一環として、2017年4月に劇場とホテルと飲食店の複合施設「浅草九倶楽部(あさくさここのくらぶ)」をオープン。同施設の2階には劇場「浅草九劇(あさくさきゅうげき)」が、新設される。

こけら落としを務めるのは、俳優の富岡晃一郎と劇作・演出家の福原充則によるユニット「ベッド&メイキングス」。同公演には、川島海荷の出演が決まっている。

その後も、小野寺修二主宰の「カンパニーデラシネラ」、田村孝裕らの劇団「ONEOR8」、益山貴司&寛司兄弟率いる「劇団子供鉅人」の公演が決定。さらに、公式サイトでは5月以降に公演が可能な劇団の募集が開始されるほか、レプロエンタテインメント所属の若手俳優による公演も定期的に行われる予定だ。

■浅草九劇 メッセージ
浅草九劇は“人をはぐくむ”劇場です。これから世界へ羽ばたこうとするエンターテインメントの才能たちにとって“ふるさと”となるような劇場です。浅草九劇は“演劇文化をはぐくむ”劇場です。日本を舞台にうごめく数多の小劇団にとって、その才能を遺憾なく発揮することのできる舞台となる劇場です。浅草九劇は“エンターテインメントをはぐくむ”劇場です。テレビ、ネットに続く、第3のメディアでありながら、絶対的原点である“ライブ=劇場”。ライブを楽しむとうエンターテインメントが、身近なものとして殻を破るきっかけになる劇場です。浅草九劇へようこそ。エンターテインメントとともに、育成されてみませんか。あなたはきっと、急激にエンターテインメントの虜になる。

「浅草九倶楽部」は、演じる人、創る人、観る人。暮らす人、通過する人、留まる人など、“三者三様九重”の個性が出会い生まれるエンターテインメントを浅草から発信することを目指した複合施設。ホテル、飲食店にかんしては、今回、初のホテル事業に進出するカフェ・カンパニー株式会社が行う。

この記事の写真

  • 浅草九劇チラシ
  • 「ベッド&メイキングス」富岡晃一郎(左)と福原充則
  • カンパニーデラシネラ
  • ONEOR8
  • 劇団子供鉅人
  • 浅草九劇イメージ

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8378