音駒、伊達工が登場 舞台版『ハイキュー』新作が今秋上演 - 2016年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

古舘春一の人気バレーボール漫画を原作としたハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』。その新作“烏野、復活!”が今秋上演される。

小柄ながらも類まれなる瞬発力と跳躍力を持ったスパイカー・日向翔陽役の須賀健太や、“コート上の王様”と異名をとる天才セッター・影山飛雄など、バレーボールに打ち込む個性豊かな高校生たちの青春ストーリーをつづる本作。昨年の初演、今年の再演ともに好評を博した。

新作公演では、主役校・烏野高校はもちろん、音駒高校、伊達工業高校なども登場。烏野VS音駒の因縁の“ゴミ捨て場の決戦”や、インターハイ予選を通じて、烏野の面々がさらに成長していく姿を描く。

脚本・演出は前作に続き、中屋敷法仁&ウォーリー木下のタッグが担う。

インフォメーション

ハイパープロジェクション演劇
『ハイキュー!!』“烏野、復活!”

【スタッフ】原作=古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中) 脚本=中屋敷法仁/ウォーリー木下 演出=ウォーリー木下

過去の関連記事

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8400